2014年04月13日

弱いところに出る!こころやからだのサインに気づく

 この2、3日、12歳になる愛犬ピースの体調が思わしくないので、高齢だけに心配になります。よく食べるし、よく歩くのですが、腸の調子が思わしくない様子です。

 ふだん、からだもこころも鍛えているわたしですが、かなり高ストレスだったようで、てきめんに胃の調子が落ち、耳鳴りというか、高いところで耳がおかしくなるのと同じような状態になりました。もともと、弱い部分なのです。

急激なストレスを受ける、もしくは小さなストレスでもたたみかけられると、誰でもダメージを受けます。鍛えたボクサーでも、強烈なカウンターパンチを受けたり、細かなジャブをたくさん受けるとダウンしてしまうのと同じです。

で、どうしたかというと、休憩をはさんで、からだを適度に休めながらも、集中して、仕事をしました。ピースのことばかり考えないようにするのは難しいので、違う方向に注意を向けたのです。

うまく気持ちを切り替えることができ、しかもおかげさまで、ピースの調子がよくなってきたので、わたしの方もメキメキ回復してきました。ここで無理しないことですね。

大切なのは、ダメージを受けていることを自覚することです。自覚しないと、対処できませんから。また、こんなことぐらいで弱るなんて、ダメだなんて、思わないことも大切です。

そりゃあ、大事な家族の調子が悪ければ、弱るさ!人間だもの。と、相田みつをさん風に自分に言ってやることにします。



ストレッチも効果的。
  


Posted by いなまつゆか at 20:48Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ