2014年03月24日

面倒くさいが、面倒を呼び、つまらないになる

 面倒くさがりの人というのは、結構いるでしょう。わたしも、面倒なのは嫌いな方です。最近、愛犬ピースが、シニアになってきて、スリッパをくわえないようになったため、リビングでスリッパを履くようにしていますが、これがかなり面倒です。

 履き脱ぎが面倒くさい。しかも、昔半月板を損傷したことがあって、春は膝が痛むため、膝に負担の少ないルームシューズにしたため、これがさらに、面倒を呼びます。もはや、修行のように履いたり、脱いだりしています。

 面倒だと思えば、思うほど、何もかもが面倒になり、つまらなく思えてきます。そもそも、生きることはなかなかに面倒なことだからです。嫌なこと、避けたいことは迎え撃て、そう自分に命令して、面倒なことを自分からやろうとしています。ちょっと面倒なことも、自分から、やろうと決めると、嫌さが減っていきます。ていねいに暮らそうという気持ちがそこにはあります。

 ていねいに生きるということは、面倒に思えることを、一つ一つ嫌がらず、はしょらずにやることです。料理でも、掃除でも、事務でも、わたしのようにスリッパのような、たわいのないことでもいいので、何か面倒なことを、一つ一つていねいにやってみると、生きることが楽しくなってきます。

 ネットや業者やコンビニを駆使すれば、楽できる時代です。ところが、楽しようとすればするほど、楽しさが減るのです。なんと皮肉なことでしょう。

 楽しく生きたいと思うなら、面倒なことを、覚悟して面倒くさがらずにやってみてはどうでしょう?


  


Posted by いなまつゆか at 19:34Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ