2014年03月18日

魔法のような認知症ケア”ユマニチュード”

  NHKのあさイチで、「ユマニチュード」という認知症を患っている方のためのケアの仕方が取り上げられていました。あさイチのHPには載っていませんでしたが、くらし☆解説のページに詳しく載っています。

 認知症を患っていると、暴力的な言動が出ることがありますが、ユマニチュードを行うことにより、そういった症状が減って、穏やかになっていきます。

 フランス発の方法なのですが、すごいのは、何も特別なことがないということでした。ポイントは、「見る」「さわる」「話す」です。そして、立つまでいくということを大切にしていました。

 「見る」・・・認知症を患っていると、視野が狭いので、正面に来て、近づいて見つめながら話しかけることが大事です。一般の人間関係より、かなり近い印象でした。

 「さわる」・・・記憶が落ちていくので、今から介護をしてもらえるということを忘れてしまいます。なので、いきなりつかまれると、道で歩いているときに、誰かにつかまれるのと同じような感じに思えて、とても驚くので、本人さんの動こうとするのを支える感じ、できるだけ、広い面を使って、下から支えるという感じでした。肩を押さえるときも、ぎゅっと押さえるのではなく、飛行機の着陸時、ソフトランディングのようにさわります。

 「話す」・・・たくさん、やさしく話しかけるということが大事です。

 特別なことではないけれど、意識的にやっていくと、皆さんの表情が豊かになり、動こうとする気持ちがめばえ、立とう、歩こうという方向に向かいます。何より、ご本人も、ご家族やスタッフなど、周りの方も明るくなるのがいいなと思いました。

 ジネスト先生の提案なのですが、先生が、ケアする相手の女性のことを「マダム」と呼ぶのが、すてきでした。何歳になっても、どんな病を持っていても、「マダム」として対応してもらえたら、「マダム」として振る舞おうという気になります。

 相手のことをとても大切なものだと思うこと、人間らしく生きるあめにケアすること、それがユマニチュードの意味なのです。

 

 みんながハッピーになるケア

 
  


Posted by いなまつゆか at 20:38Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ