2014年03月05日

甘え下手を解消!甘える練習してみました。

 物心ついた頃から、甘えるということをしない子でした。欲求がなかったのか、がまんしていたのか、よくわからないのですが、「わたしはいいから、弟や妹におもちゃを買ってやって」と言っていました。やりたいことはがまんせず、負担をかけてでも、やらせてもらいましたが、甘えることを目的に、何かしたという記憶がありません。

 今回、和歌山の新宮に行くにあたり、遠いので、実家に1泊しました。いい機会なので、試みに甘える練習をしてみました。親も高齢なので、多くの負担をかけるわけにはいきませんが、幸い、滅多に帰らない娘が帰って来たのを喜んでくれたので、ちょろっと甘えてみました。ふだんは料理を作るのは、もっぱらわたしなのですが、おかずを出してくれたのを食べてみたり、逆にご飯を炊いてくれたのに「いらない」と言ってみたり。

 実は、いらないと言うのが難しかったです。せっかく炊いてくれたのに、無理して食べようかなとも思いましたが、本当にお腹がいっぱいだし、いらないし、ここは食べないでおこうとなんとかしのぎました。

 帰ったのが夜の9時頃、朝も6時30分に出発するということで、後片付けをいっさいせず、やってもらいっぱなしでした。もちろん、ありがとうは言いました。しかし慣れない!つきまとう罪悪感との闘いです。甘える練習だ。そう言い聞かせ、ただただ甘えてみました。

 子どもごころを取り戻した気分でした。甘えるのが苦手な方もいらっしゃるかもしれません。親御さんは難しいかもしれませんが、誰か甘えられそうな人に、プチ甘えを練習してみたらどうでしょう?

 
  


Posted by いなまつゆか at 18:22Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ