2014年02月23日

継続は、仲間の力を借りて

 兵庫県の淡路島にある、洲本市で仕事でした。洲本市社協五色支部と五色地区ボランティア連絡会主宰の「福祉のつどい&ボランティアのつどい」で、テーマは、「『人に好かれるコミュニケーション』」〜話し上手、きき上手になる」でした。



 長年ボランティアを続けて来られた方の中で、引退なさる皆さんに感謝状が送られました。いいことだと思っても、実践する人は少なく、続けられる人はさらにまれです。それでもがんばって続けていても、嫌になったり、つらくなったりすることもあるでしょう。

 ひとりだとやめてしまうことも、志を同じくした仲間がいれば、続けられます。お互いに高め合い、支え合うことができるからです。五色地区の皆さんは、ボランティア意識が高く、たくさんのグループが活動なさっているとのことでした。もはや、文化ですね。

 今日の資料の表紙の絵にも、ボランティアグループ「カラフルパレット」の皆さんが、手描きで色をつけてくださいました。愛を感じますね。競い合うのではなく、それぞれに合った、こころがこもった活動が続けられることは、本当に尊いことです。

 今までも流れが来ていましたが、さらに今年は仲間の時代になっています。コミュニケーションスキルを高めてもらうことで、ますますお仲間の力、ボランティアの力に磨きをかけていってくださることでしょう。

 

   


Posted by いなまつゆか at 19:03Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ