2014年02月16日

ベストパフォーマンスを目指す

 羽生選手が金メダルを穫りました。しかし、フリーでの演技は満足いかなかったようで、「悔しい」を連発していました。高橋選手も町田選手の演技も、表現力がすばらしかったです。特に高橋さんの演技力、アピールする力、メリハリのある動きは絶品で、万全の調子で観たかったなと思わせるものでした。お二人も、結果が思わしくなかったせいもあり、満足は行かない様子でした。

 金メダルを目指してがんばっていても、それはわかりやすい目標にすぎず、一流の選手は、皆ベストパフォーマンスができて、結果もある程度伴ったときに初めて、よかったと思えるのでしょう。

 羽生選手が、「オリンピックに棲むという魔物は、自分の中にあるのだと思う」と言っていたそうですが、己の中にある魔物に打ち克って、ベストな演技ができたとき、本当に幸せを感じます。

 銀行員時代に、全日本合唱コンクールに出たとき、本当に良かったと思える演奏ができて、「ああ、もうこれで、結果は何位でもいいや」と思えたことを思い出します。結果は1位金賞でしたが、金賞以上の喜びがすでにありました。

 オリンピックやコンクールのような大きな舞台でなくとも、日々の生活の中に、今の状態でのベストを尽くす幸せはあります。仕事でも、家事でも、子育てでも。無理はしなくていいですが、やりきることを目指すことは、後悔のない人生につながります。

 羽生さんは、もう練習がしたいと言っていました。その姿勢を、こころから尊敬します。

 

 十分、すごいけどね!  


Posted by いなまつゆか at 19:04Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ