2014年02月14日

問題がわかれば解決できると考える

 勉強会でした。

 ほんの少し前までは、問題があっても、ただ嫌だなと思うだけで、解決できると考えず、愚痴を言うことですませる人が大多数でした。そうするしか、なかったのです。けれど、パソコンの普及で、「問題がわかれば、解決できる」という考えを、多くの人が持てるようになったという話でした。

 確かに、パソコンとインターネットがあると、困ったとき、ほとんど自力で解決できます。たとえ、検索して答えが見つからなくても、「解決できる」という考えを持っているために、どこからか答えがやってきて、解決できるようになるのです。

 多くの人が「問題が何かがわかれば、解決できる」と考えられるようになったことで、人類が急激に進化しています。また、こころの距離が近すぎるために、自分のことを解決するのは難しくても、他の人の問題は解決することは簡単なので、協力しあって、お互いの問題やみんなの問題を解決しあうことができるようにもなってきています。

 キリスト教に「天国と地獄」という寓話があります。天国でも地獄でも、食べるためのフォークが腕より長い。だから、自分では、食べ物が食べられない。地獄では、それに腹を立て、お互いにフォークで殴り合っている。ところが天国では、自分は食べられないけれど、他の人に食べさせることはできるので、お互いに食べ物を食べさせ合うことで、ご飯が食べられるのだ、という話です。

 自分の問題に嫌気がさして、愚痴を言うだけだった人類が、進化して、みんなの問題を協力して解決できるぐらいになってきたということは、なかなかこの世が、天国っぽくなってきたということですね。自分のことばかり考えるより、みんなのことを考える方が、幸せに近づくのは間違いありません。

 だからといって、愚痴を言うことがだめだとは思いません。ただ口にしたいだけのときもあるでしょう。無理もないことです。それをあれこれ思う必要はなく、それとは別に、問題さえわかれば、解決できる世の中になってきたんだと知ることが、時代の流れに沿っていく方法なのです。

 

 仏教ヴァージョンでは、お箸です!

   


Posted by いなまつゆか at 19:21Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ