2014年02月09日

ため息も悪くない

 大阪で、ワークショップに参加しました。フィンランド人のパフォーマー、ヘイニさんが講師です。

 からだの力を抜いて、底の方から声を出したり、自由に動いてみたりしました。アゴが硬くなっていて、動かそうとすると、抵抗することに気づきました。こんなところが、強情になっていたんだなとわかりました。自分とのコミュニケーションです。

 からだとこころが緩まっていくと、なんだ、こんなに自由だったんだと感じます。気持ちよくて、ゆったりしているのに、集中しているし、感覚が鋭くなっています。あっという間に時間が過ぎました。

 ヘイニが、「ため息をつくように息を吐いて」というので、やってみたら、どんどん力が抜けて、柔らかくなりました。

 ため息はよくないといわれることもありますが、悪くないですね。つらい時にため息をつくのは、「リラックスして、よりよく考えられるようになろう」っていう、からだからのメッセージなのでしょう。



他の人ともつながった!
  


Posted by いなまつゆか at 23:07Comments(0)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ