2014年02月08日

何かわからない不安がつらい

 兵庫県南部にある我が家の近辺も、雪が積もりました。雨が少ない地域ですので、めったにないことです。昼まではよく降りましたが、午後になってやみました。

 すると、時々、ドーン、ドーンという音が、外から聞こえるようになりました。最初は何事かと思いましたが、どうやら、屋根に積もった雪が溶けて落ちている音のようです。

 何ものかがわからないものがあるという状態が、一番不安をかきたてます。人間には想像力があるからです。たとえ不安材料があったとしても、勇気を出して、その不安材料をすべて書いて、明らかにすると、「なんだ、こんな程度だったのか」と思えて来ます。怖いから、見たくないと思って、うやむやにしている方が、どんどん不安になるのです。

 日本のホラー映画が怖いのは、正体があきらかではないのに、確かに何かがいると思わせるからです。西洋のホラーの多くは、あきらかに化け物の形で現れるので、日本のものほど、怖くはありません。

 不安になったとき、よくわからないままにしないで、誰かに気持ちを話してみます。じっくりきいてもらうことで、だんだん、自分が何を不安に思っていたのか、何を恐れていたのかがわかってきます。正体さえあきらかになれば、どうしていくのかがはっきりしてきます。

 不安の正体を明らかにしていくことが、安心につながるのです。

 



   


Posted by いなまつゆか at 18:24Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ