2014年02月07日

パニクる人に怒鳴らない

 三木市で、打ち合わせとキャンパスカウンセラーの仕事でした。

 

 打ち合わせの場所で、相手の方を待ちながら、入り口付近に立っていました。すると、駐車場に入る時点で、中でもめている車がありました。その後入ってきたのは、おそらくご夫婦だと思われる二人連れでした。男性が、大声で女性を叱っています。「危ないんや。お前はすぐに固まるから。なんで、もっと落ち着いて運転せえへんのや」というような内容です。他の人がいても、かまわず大声で言うので、聞こえてしまうのです。女性は小さくなりながら、苦笑いをしている様子でした。

 おそらく、何かの事情でパニクって、危ない運転をしたのではと察します。命がかかっているのですから、怒りたくなる気持ちはよくわかりますが、パニクりやすい人、緊張しやすい人に怒鳴るのは、うまい方法ではありません。また怒られる、怒鳴られる、なんとかしないといけないと思えば思うほど、パニクってしまうからです。

 普段、そういうことが多くなると、いつもビクビクしながら生きることになります。すると、不安で視野が狭くなりますから、ミスが増え、またパニクり…という悪循環になるのです。

 穏やかに、「大丈夫だから、落ち着いて、ゆっくりやろう」とか「車間をあけていこう」などと、具体的に大事に至らない方法を、安心感を与えながら言って上げた方がずっと効果的です。最後に、「よくがんばったね」と言ってあげると、ほっとすることでしょう。

 緊張しやすい人は、そうでない人より、なんでもないところで、かなりエネルギーを使います。くたくたになり、ぼーっとしてしまって、それが危ないことにつながることもあるのです。

 自分が緊張するタイプだと思う人は、「ミスしないように」「怒られないように」と思わないで、「落ち着いてやろう。大丈夫だ」と自分で自分に言ってあげてください。

 落ち着いたら、大丈夫、大丈夫です。
  


Posted by いなまつゆか at 19:32Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ