2014年01月13日

ほめるんじゃなくて、認める

 自信のない人を褒めすぎると成長しないという記事がありました(ライフハッカー)。

 自信がない人を褒めすぎると、簡単な課題を選ぶようになり、チャレンジしなくなるのです。失敗してしまうことが怖くなり、守りに入ってしまいます。

 「あなたはすばらしい!」と褒めそやすのではなく、できたことを認めましょう。「お片づけができるようになったね」「決めた時間に、勉強が始められたんだね」「すばらしいチャレンジだったね」などという風にです。

 だめなところばかり言われるのも、やる気がでません。おもちゃ箱に入れられるようになっても、「入れ方が汚いね」とか、「それじゃ、もっと分けて入れられるよね」などと満足してもらえなければ、「やっても、やらなくても、同じだな」と思って、無気力になってしまいます。

 「できたね」「できたね」を増やしていきましょう。「これぐらい、簡単だよ」となったら、「じゃ、今度はこんな風に片付けてみるのはどう?」「やってみる?」と提案します。満足し、自信を持ち、「もっとやろう」というチャレンジ精神が湧いてくるでしょう。

 子どもたちに限りません。大人になっても、自分を認めるのが難しい人がいます。ぜひ、できたことを認め、チャレンジしてみてください。

 

 成功も、失敗も成長の種。  


Posted by いなまつゆか at 18:01Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ