2013年12月31日

準備が正月気分を作る

 銀行員をしていた頃、31日まで仕事があり、当時はコンビニもなかったので、真っ暗なオフィス街を帰りました。明けてお正月になっても、なんだかいつもほど、正月気分になれなかったことを思い出します。

 おせちを作ったり、大掃除をしたりと、お正月の準備をすることで、「お正月が来た」という晴れ晴れとした気分になるんですね。

 楽しい気分になりたかったら、楽しくなる準備をしたらいいということです。楽しそうにやる。口角をあげる。「た〜のし〜いな〜」と言ってみる。形を作ってくるなかで、「楽しい」という器ができあがり、器に「楽しい気分」が降りてくるのです。

 幸せになりたかったら、好きな香り、好きな食べ物、幸せになる映画、幸せなイメージ、温泉につかる、笑顔をつくるなどして、「あ〜しあわせだ」とただ唱える。わたしは、「動物の赤ちゃん」の映像が鉄板アイテムです。観ているだけで幸せになります。

 もっと簡単なのは、楽しい人たち、幸せな人たちと一緒にいることです。ほとんど大変な準備をせずに、幸せになります。そのときのポイントは、「あの人たちはいいな。わたしはそれに比べて不幸だ」と思わないこと。幸せにあやかり、自分もこうなるんだ、よかった〜と思うのです。

 何が「準備」に当たるかは、人それぞれです。その気分につながれば、なんでもいいのです。ばかばかしいと思うかどうか。実験だと思って、試しにやってみてください。お正月には怒らない。わたしが子どもの頃は、よく言われていました。笑う門には、福来る。福が来るから笑うのではなく、笑うから福が来るのです。

 今年最後の一日。しっかり準備をして、来年をしあわせなものにしていきましょう。

 どうぞ、よいお年を。

 

 準備できた?


  


Posted by いなまつゆか at 17:56Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ