2013年12月30日

年末年始は、異世代交流の場

 帰省していると、いつもは付き合いがない世代ともコミュニケーションがはかられます。

 子育てが一段落し、気楽に暮らしていると、経験済みの子育ても、苦労は薄れ、思い出修正が入り、楽しかったことばかりが残ります。子どもたちや高齢の人と接すると、「ああ、そうだった。大変だったなあ」と思い出したり、「年を重ねるということは、こういうことなんだなあ」と学ぶことができるのです。

 また、自分の世代、子どもの世代との付き合いが多く、その間の世代とは、付き合いがあまりありません。わたしは50歳なので、50歳前後の人と、25歳前後の人との付き合いはありますが、30代の人とは、交流があまりないのです。

 年末年始は、そういう世代とも交流できるチャンスです。どうしても、なじみのある人たちとつき合いたくなるところですが、なじみのない世代から、刺激をもらってください。刺激が少ない生活は、自分を鈍らせます。生き生きした感じが薄れてくるのです。

 特に、子どもたちは、普段同学年が中心になりがちですから、できる限り、いろんな世代とコミュニケーションをはかってもらいたいです。子どもたちは、経験話をききたいと思っています。立派な話でなくていいので、生きる見本、サンプルとして、いろんな話をしてあげてください。これから生きる上での、参考になります。中高生が年下の子どもたちの面倒をみることも、いい勉強になります。兄弟が少ない時代ですので、いとこたちと遊び、お世話をしてもらいましょう。

 子育てや介護で大変な思いをしている方は、他の方にまかせられるところはまかせて、普段の苦労を分かち合ってもらってください。

 まかせられた方は、子どもさんもお年寄りも、そういうときは、いい格好をしたりすることもありますし、一度や二度なら、大したことではないことも、毎日となると、しんどさは、はかりしれません。これがいつもだと思わないことです。

 やっかいで、うっとおしいと思う人もいるかもしれませんし、楽しいばかりではないのも、実際なのかもしれませんが、せっかくの機会だと思って、お互いを思いやりながら、会えてよかったと思えるような交流を楽しんでみてください。

 どうつき合っていいかわからない人は、ゲームなどをするのもいいですよ。

 
  


Posted by いなまつゆか at 19:49Comments(0)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ