2013年12月07日

生きているうちに、本当にやりたいことをやる

 ネルソン・マンデラさんが、95歳で亡くなりました。11月30日には、アメリカの俳優、ポール・ウォーカーさんが、交通事故に巻き込まれ、亡くなっています。40歳でした。


 渋谷文武さんが、やりたいことに年齢は関係ない、自分もいつ亡くなるかわからない。ガンになるかもしれないし、交通事故に合うかもしれない。だから生きているうちに、やりたいことをやろう、ワクワクすること、力が湧いてくることをやろうと思うのだと話していました。もし道半ばで倒れたとしても、仲間が引き継いでくれるだろう、だからいいのだとも。

 いつかやろうと思っているうちに、ずるずると時間は過ぎていきます。その間、できない理由をたくさん考えてしまいます。迷惑がかかる、お金がない、時間がない、人にどんな風に思われるか、失敗して笑われるんじゃないか・・やれない理由は山ほどあります。

 95歳までか40歳か、それとも何歳までかはわからなくても、時間に限りがあることには違いありません。今本当にやりたいことをやったなら、明日その時がきても、悔いが残らないでしょう。完全にやらなくても、今やれることをやればいいのです。

 勇気がいることです。怖いし、不安です。わがままなのかと思うこともあるかもしれません。自分によくきいてあげてください。「本当にやりたいか?」「ワクワクするか?」「力が湧いてくるか」答えがイエスなら、やる価値があります。それをやるために、生まれて来たのだと、教えてくれているからです。

 近くに理解者はいないかもしれません。しかし、少し視野を広げたら、勇気を出して、本当にやりたいことをやっている人はたくさんいます。その人たちは、理解してくれます。やることは違っていても、志の方向は同じだからです。仲間がいてくれたら、なんとかやっていけます。

 「本当にやりたいことをやった人生でよかった」と思えるでしょう。

 

 ファイト!
  


Posted by いなまつゆか at 20:07Comments(1)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ