2013年12月05日

「すぐにやらなきゃ!」癖をやめる

 言われたことを、すぐにやらないとだめな気分になりませんか?他に重要なこと、今やるべきことがあってもです。一生懸命期待に応えようと努力しているのに、「なんで、今それやってるの?」と聞かれたりしませんか?

 癖になっているのです。子どもの頃に周りの大人から、自分の言うことは、すぐにやるように、すぐに答えるように、しつけられたのかもしれません。口答えが許されず、言うことを、丸呑みできいているあいだに、自分で優先順位を考える力を養い損ねたのです。

 もちろん、今すぐやった方がいいこともあります。しかし、言われたことすべてを、「今すぐ」やらなくてもいいのだ、と自分に言ってあげましょう。それでもきっと落ち着かないでしょうから、それはいつやるのかを決めましょう。今は片付けをしないけど、16時になったらやる、などと決めることで、落ち着くからです。

 優先順位を決めましょう。優先順位は、目的や何が得意なのかによって、変わってきます。決め方がよくわからない人は、キンドル本の「優先順位のつけ方を学ぼう」(勝間和代著)に詳しく書いてあるので、参考にしてみてください。

 まだまだ下っ端で、自分で優先順位が決められない立場の人は、「いつまでにやればいいですか?」と聞きましょう。急ぎか急ぎでないか、期限はいつかがわかります。返事を求められても、すぐに答えるのが難しい時は、「よく考えてみたいのですが、お時間もらってもいいですか?」と尋ねるのです。すぐに答えられない理由を話すと、もう少し答えやすくなるように、ヒントをもらえることもあります。

 「すべてが、今すぐでなくていい」と知ることが第1歩です。今すぐできなくても、だめでも、無能でもありません。そのことを知り、後は、試行錯誤し、目的や自分の向き不向き等と相談しながら、優先順位のつけ方を練習しましょう。

 

   


Posted by いなまつゆか at 20:02Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ