2013年11月10日

囲碁にはまるかも

 Mind Mapの研修で、トニー・ブザンの一押しが、「碁」でした。

 脳のトレーニングに最適で、おもしろいのだと。


 実際に、碁盤や碁石を見せてもらいましたが、美しくて、石でできた黒とハマグリの貝殻でできた白では、音も違うのです。


 そのときは、「やればいいんだろうけど、時間が割けないなあ」と思っていました。


 ところが、 Facebookなどで、インストラクター仲間が、ネットのページやアプリを教えてくれるのです。


 インタラクティブ囲碁入門


 お昼の囲碁の番組を観ただけでは、まだよくわかりませんでしたが、

 軽くやってみたら・・・


 おもしろいかも。


 ルールは単純で、取り囲んだ中の相手の石がもらえる、ということのようで、相手の石を取った時の快感がなんともいえません。


 以前読んだ本、「さあ、才能に目覚めよう」(マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン日本経済新聞出版社)で調べたら、

 わたしにある才能の一つが、「戦略」でした。


 「戦略」大好き人間には、たまらないゲームです。


 難しいと決めてかからず、脳トレだと思ってみてはどうでしょうか?


 子どもさんたちとゲームで遊ぶことから始めたら、子どもさんの頭もさらによくなって、一石二鳥ですね。


   


Posted by いなまつゆか at 19:46Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月09日

らしくないと思うといいこと

 朝、ヨガをしようとすると、最初に1回、途中で、もう1回DVDの電源が落ちました。

 接触不良のようなのです。

 なんだか、イライラするなあと思いかけましたが、思い直しました。


 「わたしは、TLI(Think Buzan 公式マインドマップインストラクター)なんだ、カリスマ講師(カリスマ講師養成クラブ会員)なんだ。らしくないことはやめよう」と。

 今の自分にふさわしい行動をしようと思いついたのです。


 すると、すーっとイライラが引いていきました。


 特別だという気持ちはありません(実際特別ではないし)。

 ただ、自分を誇らしく思えるようになってきたのです。

 
 特に資格がなくても、何かの会員でなくても、かまわないのです。


 「自分らしくない」と思えばいいのです。


 たしか「ビクトリーブック基礎編 内面から成功する方法」(リーミルティア 開運堂)にも書いてあったかと思います。

 「そんなことをするなんて、あなたらしくないわ」と言い続けたら、夫の行動がすばらしいものに変わっていったというような話です。


 「ちょっとしたことで、イライラするなんて、わたしらしくないわ」

 「相手を怒鳴りつけるなんて、僕らしくないね」


 そう思うだけで、やめようという気持ちが育っていきます。


 本当のわたしたちは、どの人も、皆とてもすばらしい存在だからです。


 それをうっかり忘れてしまっているだけなのです。


 信じられないという方は、どうぞ、しばらく試しに言ってあげてください。


 「わたしらしくない」と。


 

 空とおんなじぐらい、すばらしい。  


Posted by いなまつゆか at 20:44Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月08日

寄り添う効果

 姫路市で、市民活動・ボランティアサポートセンターの仕事でした。

 


 傾聴ボランティア入門講座「きける私になる!楽しいボランティア活動につながる傾聴術」がテーマでした。


 ぱっと観た感じでは、ただなんにもしていない様に感じるのが、傾聴している姿です。


 基本的には、自分のことを話すというより、相手の話をきくことが主になりますので、質問や自分のことを話すことをしないできく練習をしていただきました。


 好きに話せないので、不自由に感じたり、これで効果があるのかと疑問に思ったりする方もいるでしょう。


 もちろん、実際にボランティアするときには、質問したり、自分のことを話したりすることもあります。


 しかし、2分や3分、ただただきく力が養われたら、傾聴することによる思わぬ効果があることに気づくことができます。



 思い出してみてください。

 失恋した時、友だちが話聞いてくれたり、泣いているそばにいてくれたことが、支えになりませんでしたか?

 ケガをしたときに、「痛いの痛いのとんでいけ〜」と言ってもらったり、

 お腹が痛いときに、トントンしてもらったりすることで、

 ほっとしたり、痛みが和らいだりませんでしたか?


 寄り添ってもらうだけで、変わってくることがあるのです。


   


Posted by いなまつゆか at 20:26Comments(0)コミュニケーション

2013年11月07日

議論力をつけよう

 東京でのセミナーは、考え、議論し、発表し続けた4日間でした。

 だんだん手を挙げることも平気になって、間違えてもいいから考えを表現すること自体が楽しかったです。


 今日の朝日新聞夕刊に「透明な壁にぶちあたった」という記事がありました。

 宇都宮高校英語部の男子たちが、ディベート(議論)の世界大会に行って、まったく太刀打ちできなかったということです。


 「透明な壁にぶちあたったみたいでした」

 「これまでとは違うステージに立たされた。相手にぶつかりたいのに、ぶつかれない」


 1勝7敗で、それでも日本の子たちが1勝したのは、快挙なのだそうです。


 「外国の高校生たちは議論するのが当然、主張するのが当然、という感じだった。でも僕らは日本でふだん、議論する必要がない。へたに議論しようとしたら煙たがられてしまう」

 「英語部の中で議論するのはいいけど、教室でやったら友だちがいなくなる」


 彼らのコメントです。


 日本では、議論すること、意見を言うことをうざく思われたり、生意気だと思われてしまう。

 だから、意見を言わなくなる。

 そのうち、意見がなくなってしまう。


 「皆さんはいかがでしょうか」

 と、空気を読んで動くだけになる。


 議論できないことが、世界でわたり合えないという意味だけで、問題なのではありません。


 人は、本来自分を表現するために生きている。

 とても自然なことなのに、それを封印されるとしたら、


 「生きるな」と言っているのと同じことです。


 コスモスに、「花を咲かせるな」と言っているようなものなのですから。


 自分たちもそうだ。

 意見なんか、よくわからない。


 そういう方も、子どもたちが自分の意見を言うことを許してあげてほしいのです。

 わからないから、イライラして、「うるさい」と怒らないでほしいのです。


 「そんな風に考えているんだね」ときいてあげてください。


 意見を言わないように育てられてしまった大人たちも、少しずつ練習してもいいのではないでしょうか?

 最初は、他の人の意見に、「わたしもそう思う」と1票入れるのでもいいでしょう。

 多数派に入れるのではなく、自分がいいと思う意見に入れるのです。


 他の人と違っていても、いいのだということを、ご自分にも、子どもさんにも教えてあげてください。




 咲かそう  


Posted by いなまつゆか at 21:05Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月06日

子育ての楽しさの金脈を探す

 猪名川町子育て支援センターで、仕事でした。

 

 テーマは、「こころが軽くなる、楽しい子育て術」です。


 子育ては、成人までだとしても、20年もかける大プロジェクトです。

 しかも、未来の日本、地球を背負って立つ人を育てようかということですから、重要案件です。


 そんなすごいことをしているのだと、まずは親御さんに胸を張ってもらいたいのです。

 周りの皆さんも、理解してもらいたいです。


 大プロジェクトですから、みんなでサポートしていく必要があるからです。


 企業では、楽しく仕事をしてもらうということを重要視しているところが増えて来ています。

 いいアイデアが浮かびやすく、企業の繁栄につながるからです。


 子育ても、楽しくやっていくことが大切。

 しかしこれがなかなか難しいことなのです。


 まずは、子育ては楽しいと思うこと。

 そうしたら、楽しい理由を脳が探してくれます。


 楽しいと思えるような、環境を整えること。

 子どもや人を変えようとしないで、楽しくなるような雰囲気を作ります。


 ああでもない、こうでもないと、よりよい状態を目指して、試行錯誤する。

 そのための工夫を楽しむ。


 探せば、楽しさの金脈は、いたるところに転がっています。

 見つけてみてください。


   


Posted by いなまつゆか at 20:46Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月05日

考えることを考える

東京での研修が無事、終了しました。

マインドマップのインストラクターの研修で、講師は、創始者のトニー・ブザンでした。

マインドマップのスキルだけではなく、考えるってどういうことなのかを考え、普段いかに考えずに、思い込みや習慣で判断しているかを思い知った4日間でした。

考えたり、学んだりすることは、とっても楽しいことです。

若い人たちに、ぜひ伝えたいことを学びました。

これからは、マインドマップのやり方を皆さんにお伝えすることができます。

リクエストがあれば、ぽれぽれまで、ご連絡ください。

  


Posted by いなまつゆか at 21:39Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月04日

知らない東京に出会う

 東京で4日。

 ほんの4日ですが、都会に暮らすのは大変なんだろうなと感じています。


 人が多く、スピードは速く。

 関わりのない人とは、口をきかず。


 その一方で、探してもなかなか見つからなかったものがあっさり見つかる便利さもあります。

 美術館や劇場が多いのも魅力的。


 4日でわかることと、わからないことがあります。


 人も街も多面的。

 簡単にはわかりません。

 だからおもしろいんですね。


 決めつけないで、つき合っていくのが楽しいです。

 少しずつ、知らない東京に出会っていきます。


 

 東京タワーも、スカイツリーも観てない。

 まだまだだね。

 


 


   


Posted by いなまつゆか at 21:20Comments(0)コミュニケーション

2013年11月03日

楽しそうに生きてみる


 朝、東京近辺で、電車に乗っていて気づいたのですが、なんとなく皆さんの顔が同じような感じなのです。

 もちろん作りは違うのですが、表情が似ているのです。


 口がへの字になっています。

 兵庫では最近電車にあまり乗っていなかったから、気づかなかったのかもしれません。


 怒っているのでも、うれしいのでもない、うつろな感じでしょうか。

 朝から既にお疲れなのか、しんどいのか。


 電車の中ぐらい、気を抜かせてくれという気持ちもわかります。


 ただ、無意識にやっていると、それがだんだん習慣化し、そういう顔になっていくのです。


 できる範囲で、口角を上げてみたり、空を眺めるようにしてみたり、何か小さなことをやってもいいのではないでしょうか。


 特に楽しいことがなくても、楽しそうに生きてみる。

 すると、楽しいことがやってきます。


 

 

   


Posted by いなまつゆか at 22:43Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2013年11月02日

失敗しても、縮こまらない

 今日から東京でセミナー生活です。

 東京の電車に慣れず、わざわざ遠回りして、料金多めに払って、しなくてもいい乗り換えをして…。

 朝から、あ〜あという感じでした。


 しかし、セミナーで、


 「点が低いと(○点の人と聞くと)腕の上がりが悪くなる。

 間違うことは悪いことじゃないよ。

 点が低くても、しっかり、腕を上げよう」


 と言ってもらって、改めてそうだそうだとうなづきました。


 少々ロスはあっても、自分一人で動くことで、少しずつ東京の電車に馴染んできたのだから。


 胸を張りました。


   


Posted by いなまつゆか at 20:44Comments(0)子育て・自分育て

2013年11月01日

苦手なことをやる

 夜の新幹線に乗っています。

 電車を乗り継いで、遠くに行くのは得意ではありません。

 少しずつ、慣れては来ましたが。



 苦手なことをがんばって、努力して克服しようとも思いません。

 やはり、得意なことを伸ばす方が伸びやすいからです。


 しかし、嫌だ嫌だと言っていると、やりたい、得意なことができないことがあります。


 やりたいことのために苦手なことをやるのは、ただ嫌なことをやるよりも、できそうな気がします。


 学校に行くのが嫌。

 職場に行くのはつらい。


 それでも、そこに自分を向かわせる何かがあれば、なんとか行く方向に向かえます。


 お友達に会いたい。

 お給料で、洋服買うんだ。


 達成したあかつきには、やりたいことができるだけではなく、苦手を乗り切った自信も手にすることができます。


 

 明日から4日間、東京で研修です。ブログを書けないかもしれません。
   


Posted by いなまつゆか at 21:37Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ