2013年11月08日

寄り添う効果

 姫路市で、市民活動・ボランティアサポートセンターの仕事でした。

 


 傾聴ボランティア入門講座「きける私になる!楽しいボランティア活動につながる傾聴術」がテーマでした。


 ぱっと観た感じでは、ただなんにもしていない様に感じるのが、傾聴している姿です。


 基本的には、自分のことを話すというより、相手の話をきくことが主になりますので、質問や自分のことを話すことをしないできく練習をしていただきました。


 好きに話せないので、不自由に感じたり、これで効果があるのかと疑問に思ったりする方もいるでしょう。


 もちろん、実際にボランティアするときには、質問したり、自分のことを話したりすることもあります。


 しかし、2分や3分、ただただきく力が養われたら、傾聴することによる思わぬ効果があることに気づくことができます。



 思い出してみてください。

 失恋した時、友だちが話聞いてくれたり、泣いているそばにいてくれたことが、支えになりませんでしたか?

 ケガをしたときに、「痛いの痛いのとんでいけ〜」と言ってもらったり、

 お腹が痛いときに、トントンしてもらったりすることで、

 ほっとしたり、痛みが和らいだりませんでしたか?


 寄り添ってもらうだけで、変わってくることがあるのです。


   


Posted by いなまつゆか at 20:26Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ