2013年10月26日

夫源病対策〜息子が原因にならないために

 夫源病なるものがあるのだそうです。

 今日お昼のテレビ番組「たかじん胸いっぱい」(関西ローカル)で言っていました。

 夫が原因で、ストレスがたまり、妻がなる病気のことです。


 更年期障害だと思っていたのが、90%はこれだったというような話もあるそうで。


 「誰の稼ぎで食べられると思っているのか」としょっちゅう言う。

 妻が病気になっているのに、「ごはんは?」と聞く。

 今更、同じ趣味を持ちたがる。

 たまに家事を「やってあげる」。

 上から目線の言動・・・


 一方、妻はがまんするタイプが、なりやすいのだそうです。


 なんだか、やさしくない話だなあと思いました。


 ずっと仕事をしてきて、養って来たのだから、他は文句言わずやるのが当たり前。

 いいから、僕の世話をしてくれ〜


 って感じなのでしょうか。


 これって、もしかして

 「あなたは、勉強さえしていたらいいのよ」と言って、息子に何もやらせないお母さんに育てられた結果ではないでしょうか?


 息子さんが、将来夫源病の原因だと言われないために、今からしっかり育てていきましょう。


 何か家庭での役目を与え、面倒なこと、責任取りたくないことから逃げない練習をしてもらう。

 その代わり、役目を果たしたら、「ありがとう、助かったわ」と伝え、役立つ喜びを知ってもらう。

 「そんなことを言ったら(したら)相手はどう思うと思う?」と相手の気持ちを想像する練習をしてもらう。

 えらそうではない、気持ちの伝え方を学んでもらう。


 自分は夫源病に悩んでいるのに、子どもがそうならないようにするのか。

 複雑な思いの方もあるかもしれません。


 この思いを乗り越えて、負の連鎖を断とうではありませんか。

 息子さんが、人生の終盤に、長年連れ添った妻から「あ〜いなけりゃいいのに」などと思われるのは、悲しいことではないですか?


 そして、ご自分はがまんしすぎない練習をしましょう。

 「そんな風に言われたら、とても悲しい気持ちになるからやめてほしい」と言える練習です。


 誰かが悪いのではありません。

 やさしさと勇気が不足しているのです。


 どうぞ、子育てに、夫婦の間に、愛と勇気を!


 
   


Posted by いなまつゆか at 20:22Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ