2013年10月21日

嫌われたかもと思ったら、どうするか?

 きついことを言ってしまったり、怒りにまかせてひどいことを言ってしまったり、怒鳴ったり。


 そんなつもりはなかったのだけれど、相手の様子がおかしい。

 明らかに嫌われて、避けられている。


 そう感じたら、どうしましょう。


 なんとか関係をよくしないと、とあせるのは禁物です。

 あせって、近づきすぎたら、よけい嫌われたり、嫌がられたりします。


 自分ならどうでしょう?

 大っ嫌いな人が、近づいて来て、親しげに話したり、ましてや触って来たりしたら嫌ですよね。


 あきらめて、距離を取りましょう。

 職場等、どうしてもコミュニケーションをはからないといけないなら、挨拶と必要最小限の会話をします。


 そんなつもりはなかった。

 相手も相手なんだ。

 いらつかせるようなことをするから。



 言い分はあるでしょう。

 しかし、暴力をふるっていい理由はありません。

 大きな声で怒鳴ったり、傷つくようなことを言うというのは、相手にとっては、殴ったり、刃物で刺したりするようなものです。

 暴力を振るう人にあえて近づいたりはしないのです。



 自分の言動を振り返り、改善することはないだろうかと考えます。

 本当に何も悪い事をしていないなら、相手の受け取り方の問題なので、ただ様子をみればいいでしょう。

 しかし、自分でもちょっとなあと思うなら、改めるべきことは改めるべく、訓練していきましょう。



 感情にまかせて、言わない、しない訓練です。


 イライラしたら、「わたしイライラしている」と思い、ゆったりと呼吸をします。

 波が静まっていくイメージをするのも効果的です。


 「怒鳴る自由もあるけれど、その後を引き受けるのはやっかいだ。怒鳴らないことを選ぶ」と言ってあげましょう。

 これは、がまんではなく、選択です。


 言動は改善しますが、自分を責めるのはやめましょう。

 調子が悪くて、うまくコミュニケーションがはかれないことは、誰にでもあることです。


 責めていいことは、何もありません。

 その方は許してくれるかどうか、わかりませんが、同じようなことを繰り返さない努力をすることが、自分も周りの人もハッピーにしてくれるのです。


 お互いに落ち着いて来て、少し話ができるようになったら、

 「あの時はごめんなさい」と謝りましょう。

 その後は、相手次第。

 許してくれるなら、距離をとりながら、少しずつ改善をはかります。

 難しそうなら、「ありがとう、愛してる」を唱えながら、また待ちましょう。


 

 よくなるといいね!

 


   


Posted by いなまつゆか at 21:16Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ