2013年10月09日

ハモネプで感じた!地味な声も必要

 コーラスをやっていたので、「ハモネプ」が大好きです。


 アカペラコーラスで、メインボーカルがいて、伴奏を声でやり、声でドラム等のパーカッションの音を出す、ボイパ(ボイス・パーカッション)などを入れるスタイルを中心にしているものです。

 以前は、学生のアマチュアグループの大会が主でした。

 最近は、プロの大会をやっているようで、昨日もそうでした。


 プロは、やっぱりうまいなあ。

 アピールや演技力がすごいなあ。


 などと感動しつつ、一方で、Twitterなどでつぶやかれていた「学生の方がいい」という意見もうなづける気がしました。


 みんなの声が、がんがん前に来るので、もう少し広がりや、まとまり、緩急があっても楽しいのになあと思うのです。

 なんというか、メインディッシュばっかり出てくるフルコース料理を食べているみたいで。


 うろ覚えなのですが、関屋晋というプロの合唱指揮者が、「合唱は日本のお城の石垣のようなもの。大きな石の間をうめる小さな石も必要だ」というようなことを本に書いていました。


 ソロ歌手の人たちは大きな石ですので、音があっていても、混じるのがやはり難しいのかもしれません。


 わたしの声は「間をうめる声」で、若い頃は、その地味さを嘆いたものですが、この年になると、これはこれで渋い働きだと思えます。


 派手な声も地味な声も大切だってことですね。


 一生懸命やっていても、地味な役回りは認めてもらえないことが多く、やりきれない思いをしている方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

 また華やかな人は、地味な人の成果までさらっていくようなところもあるので、よけいむなしくなります。


 営業は花形だけど、事務は地味。

 だけど、優秀な事務の支えあっての営業です。

 もちつもたれつです。


 漫才の「〜じゃない方」も必要だってことです。


 Twitterで感じる人たちがいるのですから、目立たないよさもわかる人たちが増えてくることでしょう。


 まずは自分自身を。

 そしてまわりの、地味でも、確実にすばらしい仕事をしている人を認めてあげましょう。


 
   


Posted by いなまつゆか at 17:12Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ