2013年10月06日

内村選手と白井選手に学ぶ、遊びで勝つ方法

 今日の朝日新聞朝刊に、「王者の『遊び』直伝」という記事がありました。


 体操の白井選手が、内村選手に積極的に質問をしました。

 「航平さん、どうやったらもっと着地を止められるようになるんですか?」

 「トランポリンで遊びなよ」

 
 半回転ずつひねりを増やし、どちらが着地を止めるかを競いました。


 ハイレベルの遊びに、周囲は脱帽していたそうです。


 怒鳴られ、殴られ、育てられるのとの違いに驚きます。


 恐怖のもとに積み上げたものは、いざという時に、縮こまってしまうのではないでしょうか。

 失敗すると、怒られる。

 失敗しないようにやらなきゃ。


 失敗を呼び込みますし、楽しくもありません。


 「遊び=ぬるいもの」ではありません。


 厳しい練習の中でも、楽しく遊びながら修得できるのだと、内村選手が教えてくれたのです。

 体操競技は、恐怖との闘いだと思いますが、ゲームだ、遊びと思ったら、スリルを楽しめるのかもしれません。


 のびのびと育ったから、白井選手は、大舞台でも楽しめるのではないでしょうか。


 「遊びを使って、勝つ」

 時代の息吹を感じます。


 


   


Posted by いなまつゆか at 19:49Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ