2013年09月29日

親にいろんな気持ちを持っていい

 東播磨カウンセリング研究会の講座「カウンセリング概論」でした。


 カウンセリングって、どんなものなのかを学ぶ講座です。


 カウンセラーと呼ばれる立場の人は、自分が一致している、すなわち自分の気持ちに正直であることが求められます。


 たとえば、親のことが嫌いだと思うとしたら、「嫌いだという気持ち」があることを認めます。

 その一方で、その親に、「実は愛されたかった、本当は大好きなんだ」という気持ちもあったとしたら、「愛されたい、大好きな気持ち」もあることを認めます。


 人の気持ちは複雑で、「大好きだけど、大嫌い」もありなのです。


 ところが、「親を嫌いになるなんて、もってのほか」という自分の規制が入ると、そんな自分が許せなくなります。


 すると、「親のことが嫌いなんです」とおっしゃる方がいると、なんでかわからないけど、ムカムカしてしまうのです。


 「親のことを嫌う気持ち」を許せていないからです。


 カウンセラーに限らず、「自分にはこんな気持ちがあるのか」とただ認めると、生きるのはずいぶん楽になります。

 正直がっかりもしますが、だめなことではないので。


 逆に、「あんなひどい親を、自分は求めていたなんて、認めない!絶対に許せない」と思うなら、


 「許せない気持ち」をまずは認めてあげてください。


 あせらず、ゆっくり、少しずつ、自分の気持ちを見つけては、「そうなんだね」と言ってあげたらいいのです。


 いろんな気持ちがあっていい、それが自分なんだ。


 そう思えば、「こうあるべき」に妨げられず、自由を手にすることができます。

   


Posted by いなまつゆか at 19:27Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
オーナーへメッセージ