2013年09月05日

できるところから崩すと、問題は解決する

 勉強会でした。


 金縛りにあった時、動かせるところを動かすと、解けるのだという話を聴きました。

 からだが動かせなくなっても、眼球は動きます。

 目を動かせばいいのだそうです。


 金縛りだ!という時点で、半ばパニックになり、「動かない」ことに意識がいきますが、そこで動くものを探すという視点が重要ポイントなのですね。


 カウンセリングも同じです。


 不登校状態になったとき、学校に行くことばかりを考えがちですが、

 毎日、今日できることは何か、皮一枚がんばれそうなことは何かを考えて、やってもらうようにします。


 たとえば、洗濯物を取り入れるとか。

 散歩するとか。


 動きができてくることが大切なのです。


 無理にがんばって学校に行くでもない、ただ寝てばかりというのでもないやり方です。


 できるところから手を付けて、少しずつ崩していくと、問題は解決するのです。

 早く解決したい、とあせる気持ちは無理もないところですが、あせりが結局は長引く原因になります。

 「できない」「できない」「だめだ」・・と展開していくからです。


 試験を受けるときも、

 「できる問題から手を付けろ」と教えられましたね。


 たとえ小問題でも、できるところからやっていくと、「できた」「できた」が増えていきます。


 「できた」といいう流れができたら、後は流れに乗ればいいのです。


   


Posted by いなまつゆか at 20:19Comments(1)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
オーナーへメッセージ