2013年08月31日

お願いは平等な行為なんだ!

 TEDという、世界トップクラスのプレゼンテーションで、アマンダ・パーマーのプレゼンを観ました。

 「"お願い"をするということ」というテーマです(NHKのスーパープレゼンテーションでは「上手なお願いのしかた」)。

 アーティストである彼女は、売れていないとき、箱の上に乗って、パフォーマンスをして、帽子の中にお金を入れてもらっていました。


 売れた後も、直接的なファンとの交流を大切にし、たくさんお願いをしてきたのです。

 泊めてもらうこととか、食べたいものを用意してもらうことだとか。


 それは、物乞いではなく、アンフェアなものでもなく、交換なのだと、彼女は言います。


 彼女のパフォーマンス、音楽との交換なのです。


 できる限り、ただで音楽を配信して、その代わりに支援をお願いしたら、

 目標10万ドルだったのが、120万ドルも集まったのです。


 お願いすることは、信頼すること。

 恥ずかしいことではないんですね。


 お金を出させるんじゃない。

 どうしたら、相手がお金を出したくなるかを考える。

 分かり合えたら、助け合いたくなる。


 一言一言が、胸に響きました。


 お願いは、苦手な人も多いでしょう。

 断られたら、傷つきますしね。


 ひどいことを言う人もいるかもしれません。

 わからない人には、わからないから。


 人より下にいるんじゃなくて、平等なんだ、交換なんだと思ったら、ちょっぴり勇気が出てくるかも。

 そして、「断る自由を与えよう」と思えば、傷つく必要はないのかも。


 たくさんの人が、お互いにお願いをし合うようになったら、もっと楽に生きられるでしょうね。


 

 フェアトレードだ


 




 

  


Posted by いなまつゆか at 20:53Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ