2013年08月14日

英断が世界を変えたのだ

長島美術館に行きました。

手塚治虫展をやっているのです。




常設展示も、ピカソやシャガールの絵、ロダンの彫刻、鹿児島ゆかりの作家の絵、薩摩焼(陶磁器)など、バリエーションが豊かで、質も高いものでした。


手塚治虫の原画も美しく、第1回の鉄腕アトムは、ハリウッドで使われるようなカメラワークや、照明法を取り入れたような、新しいものでした。


医師の道に進むか、漫画家の道にするか。

迷ってお母さんに相談した時に、

「自分で決めなさい。やりたいのは、どっちなの?」と聞かれ、漫画家になることに決めたのだそうです。


そのおかげで、私たち世界中の人たちが、新しいマンガの世界、アニメの世界を経験でき、多くの漫画家、アニメーターを生み出すことになりました。


本当に行きたい道は、本人がよく知っています。

その道を応援するのが大人の勤めですが、なかなか勇気がいることです。


すごいことです。



  


Posted by いなまつゆか at 22:05Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ