2013年08月09日

子どもの失敗を、成功につなげる方法

 勉強会でした。

 子どもが失敗したときに、どうしたら、成功にまで導けるかという話が出ました。


 責めたり、怒ってしまったりというのは、やり方がまずいです。

 特に、「もう二度としちゃだめよ」的な、おどしは禁物。

 まじめな人ほど、恐怖や不安を覚え、「失敗しないようにしなきゃ」「失敗したらどうしよう」と思ってしまいます。


 その言葉や感情が、こころにネガティブなプログラムをセットしてしまうのです。

 こころの世界に「〜しない」はありません。

 「失敗しないように」も「失敗しよう」も同じで、失敗する方に導かれてしまいます。


 怒っても怒っても同じ失敗をしてしまうのは、そのせいなのです。

 親にとっても、ストレスですね。


 これからは、

 「今度は大丈夫」

 「うまくやれるよ」と言ってあげて、

 安心感と成功イメージを与えます。


 ステップを踏んで、簡単なものから始めて、クリアーできたら、少しずつ難しいものへとレベルをあげていきます。


 お片づけなら、


 一緒にやる。

 見ていて、やってもらう。

 見なくても、促せばできるようになる。

 何も言わなくてもできるようになる。


 というようなステップです。


 成功したら、案外ほったらかしのことが多いのですが、こここそがチャンス。

 「できたね」と喜んであげましょう。

 うれしいし、安心できるので、失敗プログラムが作動しません。


 「できなかったことが、できるようになる。」

 これこそが、子育ての喜び、楽しさです。


 失敗を責めないで、成功イメージを与えてあげて、成長を親子で喜びましょう。


 

 自信もつくよ!  


Posted by いなまつゆか at 19:48Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ