2013年08月03日

ターミナルを考えた

 和歌山県で仕事でした。




 和歌山県介護支援専門員協会さんの研修です。

 テーマは、「明日から安心できる!
  〜ターミナルを支えるコミュニケーション術〜」でした。


 ターミナルとなると、重く感じられる方も多いかと思いますが、遠ざければ遠ざけるほど、ますます不安になるテーマです。

 もっと、普段から考えて、死を身近なものにすることが大切です。


 死は卒業だと考えています。

 さびしいし、悲しいし、だけど、皆いつかは経験するもの。

 在校生として、精一杯見送りたいと思うのです。


 もちろん、余命を告げられたり、身内をなくされたりした方が、簡単に卒業だと思えるわけがありません。


 「あなたは、生きているでしょう。

 あなたの家族も元気でしょう。

 わかるわけがない。」


 その通りです。

 だけど、少しでも気持ちを理解したいと思っていますし、それが無理でも、ただ寄り添いたいと思うのです。

 あまりにも死のイメージが不安や恐怖につながるものだと、寄り添えなくなってしまいます。

 
 ただでさえつらい思いをしている方が、孤独になるのは、とても残念です。

 だから、ふだんから身近なものとして捉えたいと思うのです。


 言いようのない怒りを表現し、受け止めてもらい、悲しみを吐き、ともに悲しんでもらう。


 おなくなりになるプロセス、生き様を、残された者がしっかりと受け止め、学ぶことで、いのちのバトンが受け継がれるのです。


 そういう意味では、いのちは永遠です。


 
   


Posted by いなまつゆか at 20:57Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ