2013年08月01日

仲間に助けてもらって、手を上げる

研修2日目が終わりました。

積極的な方が多く、先生に聴かれると、手を挙げる人がたくさんいました。
すごいなと思い、見習って、わたしもてを挙げてみました。


小学校1年生の子は、手を挙げるのがうれしくて、当てられた途端に、答えを忘れてしまったり、自分が当てられなくて、がっかりする子もいるのだとか。

年を重ねるにつれて、手を挙げることが難しくなるのは、もったいないことですね。


的外れになったら、どうしよう。
目立つのが、恥ずかしい。

何を言ったらいいのか、わからない。

気持ちはよくわかりますが、とりあえず、手を挙げてみても、いいかもしれません。

自分の意見を言ってみることや、質問することで、わかることが多いからです。


恥かこうと思って、やってみる。
1、2、3で、挙げてみる。


一人では、とても無理なら、誰かに背中を押してもらったらどうでしょう。
「手を挙げようと思うから 、応援して、失敗しても、笑わないで」と頼むのです。

一人仲間がいたら、勇気がわいてきます。
もっと人数を増やしたら、なおやりやすくなるでしょう。
  


Posted by いなまつゆか at 19:19Comments(0)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ