2013年07月18日

未完成でいいから、思いを言葉にしてみる

 篠山市で仕事でした。

 


 篠山市と篠山市社会福祉協議会さん共催の権利擁護支援者養成講座の最終回、

 テーマは「利用者との接し方」でした。


 気持ちを言葉に表現するのは難しいことです。


 それは、最初から完璧に表現しようとするからでもあります。


 未完成でもいいから、とりあえず言葉にしてみます。

 「まだ、うまく表現できないんだけど」と付け加えてみてもいいでしょう。


 やり取りの中で、少しずつ気持ちに近づけていけばいいのです。


 未完成と言われても、それでも難しい人は、気持ちの言葉のストックと文章パターンを持つといいでしょう。



 気持ちの言葉のストックとは、

 うれしい 悲しい 切ない くやしい やるせない 楽しい・・というようなもの。

 考え出すのではなく、近いものを選ぶという考え方です。


 文章パターンとは、

 「〜なので、〜という気持ちがした」

 「〜な気持ちだ。だって、〜だから」

 「〜と言われると、〜な気持ちがする」


 というような気持ちを表現するパターンです。


 気持ちを表す言葉を選び、文章パターンにあてはめたなら、とりあえずの形ができるはず。

 それを相手に、伝えてみます。


 思いを伝えるのは、ジェスチャーゲームのようなもの。


 正解がわからないからと、黙っているよりは、とりあえずなんらかの答えを言い続ける方が、正解に近づけるのです。


 
  


Posted by いなまつゆか at 20:57Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ