2013年06月17日

一度に理解してもらわなくていい

 兵庫県篠山市社会福祉協議会さんで仕事でした。



 傾聴ボランティア養成講座の第2回(私の担当は1回目)
「コミュニケーションが楽しみになる
  きく技術〜傾聴の基礎編〜」でした。


 ボール投げのコミュニケーションゲームをしてもらいますが、やり方が少し複雑なのです。

 
 一度では、なかなか理解できません。


 複雑なことを伝えるときは、一度に全部理解してもらおうとしません。

 やることを小さく分割して、やってもらいながら、少しずつ理解してもらいます。


 できるようになると、「なんでわからなかったんだろう?」となりますが、伝わるまでは、言葉での説明を理解するのは難しいのです。


 見本を見せてみたり、ゆっくりやってもらったり、わからないところを見つけて補足したり。

 なんどかやりとりをした後、理解してもらったなら、それでいいのです。


 子どもさんにも、この方法は使えます。


 「洋服を着替えなさい」、と言うよりも、


 「腕を伸ばしましょう」

 「袖を通しましょう」


 などと、細分化して、具体的にやることを伝えていくと、やりやすいのです。


   


Posted by いなまつゆか at 19:53Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ