2013年06月06日

この人ちょっとなあと思う人を許すと、いいことがある理由


 腹が立つことをする人、嫌なことをする人、ちゃんとできない人、えらそうな人・・


 ああ、もう、この人ちょっとなあ・・

 そう思う人を許すのは並大抵ではありません。


 まあ、でも生きて、この世に存在することは、なんとか許せるのではないでしょうか。


 不完全なあの人も生きていていいんだから、わたしもいろいろあっても生きていてもいいよね。


 そう、自分に言ってあげましょう。


 人に厳しくなると、自ずと自分にも厳しくなってしまいます。


 自分を律することは大事なこと。

 けれど、不完全な自分を責め立てるのは、いじめです。


 それは他の人も同じ。


 ああもう!あの人に腹が立つ!!は、OK。

 だけど、責めるのは、なんとか食い止めましょう。

 責めてしまったことに気づいたらでいいのです。


 あの人も生きてていいんだから、わたしも生きていていいんだ。


 そう自分に言ってあげましょう。

 
 誰にも責められないようにがんばるのではありません。

 不完全ながらもすばらしい自分を、ゆっくり少しずつ、力を抜きながら磨いて、輝きましょう。


 

 存在としては、もともと完璧  


Posted by いなまつゆか at 19:58Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ