2013年05月28日

感じ悪い人に共感してみる

 神戸市で、大学の演習でした。



 物語を読んで、順番にいいと思う人を上げていくという、価値観交流シートをやりました。

 その中で、割合評判の悪かった人の役をやってもらって、ロールプレイング(役を決めて、きく練習)をしました。


 みんなで何歳ぐらいかを決めて42歳のおじさんということで、なりきってやってもらいました。

 5人出てきた中で5番目、つまり最下位の評価をつけた人が、やってくれたのですが、なかなかの名演技でした。


 やってみると、ひどいやつだと思った人にも、彼なりの考えがあるように思えたと感想を述べていました。


 対人援助の仕事をしていると、虐待など、よくない行為をする人ともお付き合いをすることがあります。

 批判をするのは簡単で、きっとみんながそれまでにやってきたはずです。


 そうではないアプローチをしたときに、その人の中で、何かが変わるチャンスが訪れる可能性が生まれます。


 わざと悪いことをする人は案外少なく、知らなかったり、追い込まれてしまったり、余裕がなかったり・・

 さまざまな事情を抱え、「せざるを得なかった」人たちがたくさんいるのです。




   


Posted by いなまつゆか at 19:16Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ