2013年05月23日

あえて、わからない親になる

 兵庫県川西市で仕事でした。


 子育て支援ボランティア養成講座です。


 テーマは、

 「人に好かれるコミュニケーション〜話し上手、きき上手になる〜」でした。


 グループで、一人の方に子どもさんの役をしてもらって、子どもさんの話をきく練習をしていただきました。


 ただただ、きくのは難しいです。

 大人は、子どもに言いたいことが山のようにありますから。


 逆に、子どもたちがつたなくても、分かりすぎてしまうこともあります。


 他の人なら、とうていわからないことが、親ならではの長い付き合いゆえに、つたない表現でもわかってしまうのです。


 これじゃ、他の人には通じないと思ったら、わかっていても、

 「それじゃ、何を言いたいのかわからないから、もっとわかるように言ってほしい」と言うことも大切です。

 助け舟を出しながらでいいので、通じる言い方に変えてもらいます。


 いつも、一言二言、ちょろっと言えば、欲しい物が出てくる。

 わかってくれる。


 それが当たり前になると、自分の表現が未熟なせいでも、

 「なんで、わかってくれないんだ〜」と切れることにもなりかねません。


 自分は王子様、王女さまで、まわりが召使いになってしまうのは、まずいのです。

 可愛いのは、小さいうちだけ。

 年を取った王子様、王女さまは、ただのわがままな人です。


 自分という国にしっかりと君臨する、立派な王や女王になってもらうために、

 必要なら、わからない親であることも、大切なことなのです。


 もちろん、気持ちを理解することも大切。


 バランスですね。


 


   


Posted by いなまつゆか at 19:19Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ