2013年05月09日

もしかしてだけど

 注文したパスタが、なかなか来ない上に伸びている。


 そんなとき、普通腹が立ちますが、我が家では、お笑い芸人「どぶろっく」的考えにシフトするのがはやっています。
 

 どぶろっくのネタは、本当は女の子に気持ち悪がられていたり、引かれているのに、「もしかしてだけど、俺に気があるからじゃない?」といいように考えすぎているものなのです。


 「もしかしてだけど、わたしのことを、店員さんが好きすぎて、誰が運ぶかでもめていて、一度お皿を落としちゃって、また作り直したのにまたもめて、のびちゃったんじゃない?」と考えるのです。


 そんなわけないの、わかっているけど、なんだか、悪い気がしない。


 これ、ずっとやり続けたら、本当にモテるようにかもしれません。


 自分が考える世界が、その人にとっては真実だからです。


 自分はついていないと思えば、ついていないことが起こりやすい。

 自分はモテていると思うと、モテやすい人になっていく。


 人は、自分が解釈した世界で生きています。


 「ツイテル」「しあわせだ」「モテてしょうがない」「どんどんよくなる」

 いいように思ったもん勝ちですね。


 

 争わないで、アルデンテで持って来てね


   


Posted by いなまつゆか at 21:34Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ