2013年05月06日

シンプルにすると、イメージが広がる

 東加古川に絵画展を観に行きました。

 


 プロの画家のお弟子さんたちの鉛筆画でしたが、シンプルな画材だけに、個性が前面に出るのがおもしろかったです。


 特に興味深かったのは、タイトルの付け方です。



 自分の思いをあまりにも具体的にしたものをタイトルにすると、イメージが広がりにくいのですが、シンプルにすると、観る人の想像力がかきたてられます。


 ああかな、こうかなと、いろんな見方ができるのです。



 カウンセラーが、来談者に自分の体験談を話す方がいいのかどうかという論議があります。

 絶対にいけないわけではありませんし、役に立つ事もあります。


 ただ、個人的な体験は、相談する人が想像する余地が少ないのです。


 じっと、カウンセラーが待つことで、相談する方は、ご自分のこころと対話することができます。


 具体的な例には、選択枝が限られていますが、想像する世界には無限の答えがあります。

 そこに、思いも寄らぬ答えがあるのです。

 


   


Posted by いなまつゆか at 15:48Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ