2013年02月23日

小さい世界の当たり前が、大きな世界でそうとは限らない

 ヨガを毎朝20分しています。

 DVDの先生です。

 おかげで、体の調子はよくなるし、やせるし、ありがたいことです。


 そのDVDの中に「ハッピーベイビー」というポーズがあります。

 寝転んだ赤ちゃんが自分の足を持つようなポーズなのですが、20分の中に2回出てきます。


 ヨガのインストラクターの資格を取った人に聞くと、実はそんなに頻繁に出てくるポーズじゃないそうです。


 え〜そうなんだ。

 20分に凝縮された中に2回も出てくるから、超スタンダードなんだと、勝手に思い込んでいました。


 ヨガを極めるわけでなく、インストラクターになりたいわけでないわたしには、小さなDVDの世界で十分なのですが、その小さな世界で当たり前だと思っていたことは、いろんなヨガの世界を知っている人にとっては、そうでなないということがわかります。


 こころの視野狭窄ですね。

 意識している範囲が狭いのです。

 狭い世界でばかり物事を見ていると、ゆがんでとらえてしまいます。


 少しよそを知ると、世界が広がり、ゆがみが修正されるのです。


 生まれ育った家での常識が、世間では非常識であることもあるということです。

 自分の常識を疑ってみると、世界観ががらっと変わります。


 これからは、案外レアなポーズなんだなと思いつつ、ハッピーベイビーを楽しみたいと思います。


 

 見渡す
   


Posted by いなまつゆか at 20:24Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ