2013年02月12日

自分のいたわり方

 兵庫県加古郡稲美町社会福祉協議会さんで仕事でした。

 

 第4回傾聴ボランティア養成講座です。

 「傾聴する私の心を労る」がテーマでした。


 自分をいたわるには、まず自分を親友だと思いましょう。

 親友だったら、甘やかしもせず、無理もさせません。


 自分を自分だと思うと、厳しすぎたり、甘すぎたりするのですが、親友だと思うと、いい塩梅に言葉をかけてあげられるのです。


 自分を大切にするということの意味がわからない人は、形から入りましょう。

 名前で呼んで、いたわるのです。


 「ゆかさん、お疲れさま。よくがんばったね」

 「お茶でも飲み」


 普段より、少しいいお茶の葉でいれて、お客さん用のカップを使いましょう。

 メールに、やさしい、いたわりの言葉を自分あてに送るのも効果的です。


 自分で自分を大切にすると、だんだんまわりも大切にしてくれるようになります。


 貴重品を、みんなが大切に扱うように、自分を貴重品扱いしてあげましょう。  


Posted by いなまつゆか at 19:10Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ