2013年02月05日

片付けられない人に困ったら

 片付けが苦手な人がいます。

 かばんの中がぐちゃぐちゃ、プリントくしゃくしゃ、肝心なものがなくなり、いらない古いジュースやお菓子が引き出しに・・


 こういう人たちの中には、発達障がいを抱えている人もいるのです。

 一人の力では、乗り越えるのが難しいかと思います。


 
 まずは、できる限り、ものを減らす。

 定位置を決める。

 学校のプリントなどは、分けずに時系列でひとまとめにして、定期的に入らないものを処分します。

 学校と塾のものぐらいは、わけてもいいかもしれませんが、細かく分け出すと、嫌になってしまうのです。


 帰って来たら、かばんのものを全部かご等に出し、かごから定位置に戻します。

 準備も、定位置からかごに入れ、見渡してチェックしてからカバンに入れます。

 このプロセスを、習慣化できると、かなり楽になります。

 声をかけてあげたり、最初は一緒にやってあげるといいでしょう。


 ポイントは、物が見えるようにすること。

 見えなくなると、ないのと同じになるからです。


 忘れたり、なくしたりするのが多くても、あんまり気にしていない風でも、案外こころの中で傷ついたり、落ち込んでいることもあります。


 片付けは、彼らにとっては難問です。

 いろいろ工夫しても、なかなかできないのが現状です。

 小学生でもできるよ、などと馬鹿にしないでほしいのです。


 それぞれに抱える困難があります。

 他の人が難しいことがなんなくできるのに、他の人ができることが難しい。


 これも、発達障害の理解されにくい点です。

 そこそこできるようになったら、よしとしてあげてください。


 

 部屋が片付けば、こころも整う。
  


Posted by いなまつゆか at 21:13Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ