2013年01月16日

才能はみんなのもの

 NHK大河ドラマ「八重の桜」では、佐久間象山や吉田松陰が追放されました。

 才能がある者ほど、うとんじられ、遠ざけられます。

 危機的な状況であるというのに。


 今も変わらない、日本の姿です。

 出る杭は打たれるのです。


 そうやって、痛い目にあった人たちが、才能をひた隠し、身を縮こまらせて生きています。


 なんともったいない。


 才能は天から授かったものです。

 個人的なものでもないし、自慢するようなものでもありません。

 上手に育てて、みんなのために生かしていく責任があります。


 勇気を出して、自分の才能を世に出していきましょう。


 どの人にも、なんらかの才能はあります。

 みんなで出る杭になれば、怖くないはず。


 それぞれの場で、それぞれの方向で杭を伸ばしまくりましょう。


 

 あなたにもある


   


Posted by いなまつゆか at 18:04Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ