2013年01月04日

モノたちの気持ち

 お正月に、テレビを観ていたら、人形を供養するお寺が取り上げられていました。


 昔から、たくさんの人形がいるのを観るのがとても怖かったので、「こわいこわい」と言いながら観ていました。


 なかには、髪の毛がのびた人形もいて・・


 そこのご住職さんがおっしゃるには、

 「人形たちは、持ち主が大好きなので、見てもらいたいと思っているのです。髪の毛を伸ばすと、みんな注目してくれるから、うれしくて伸ばすんですよ。」

 とのこと。


 人形たちがそんな気持ちだったんだと思うだけで、怖さが薄れていきました。


 暮れに、年賀状印刷で普段あまり使わないパソコンとプリンターの動きが悪く、エラーも多いことに、イライラしそうになったと書きました。

 最初、「あの子たち、ふだん使ってもらっていないから、嫌がらせしているんと違うか」と思ったのですが、その後すぐに思い直しました。


 きっと、わたしの役に立ちたいとがんばってくれていたのだけれど、寒い部屋で久しぶりに動いたら、うまく動けなかったんじゃないかな。もしかしたら、わたしに、「ごめんなさい。一生懸命やっているんだけど、うまくできないの」と言っているんじゃないかな。


 そう思ったら、イライラはおさまり、申し訳ない気持ちと、いとおしい気持ちになりました。


 ありがとうな〜がんばってくれて。

 久しぶりやけど、あせらんとやろな〜


 という気持ちを伝えてからは、ぐっと順調になりました。


 真実かどうかが大切なのではありません。


 そう思うことで、気持ちが落ち着き、愛する気持ちがわいてきたということが重要なのです。


 何でも当たり前、ではなく、愛と感謝をもって暮らしたいと、こころから思いました。


 

 声なき声をきく

 
  


Posted by いなまつゆか at 18:10Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ