2012年12月11日

ネガティブな感情にびびらない練習

 大学でした。

 

 事例の設定で、ロールプレイング、きく練習をしました。


 前にやった事例で、「死にたい」ともらす高齢の女性に、どう対応するか。


 傾聴ボランティアをしていても、困る発言ナンバーワンが、「死にたい」ということばです。

 正解はありません。


 同じ「死にたい」でも、どのぐらいの重さなのかも、それぞれですから。


 ただ、ハッピーでないことは確かです。


 大事なのは、ネガティブな感情を出されたときに、びびらないことです。


 外科の医師が血をみて、「うわあ、血だ、やめてやめて」と言うようなものですから。

 そんな医師にかかりたくないですよね。


 びびらないで、落ち着いて対応する練習なのです。


 それでも困って、どうしたらいいかわからなくなったら、「ありがとう、愛してる」をひたすら唱えましょう。
   


Posted by いなまつゆか at 20:23Comments(0)子育て・自分育て

2012年12月10日

「大好き」が人を育てる

 NHKのあさイチで富士山の噴火について、取り上げられていました。

 専門家として、京都大学教授の鎌田浩毅さんが、招かれていました。

 風貌もキャラも、少しユニークな鎌田先生は、話がとてもおもしろく、魅力的でした。


 何より、火山や富士山が大好きなんだなあというのが、ひしひしと伝わって来ました。

 大学でも、学生たちに人気のある先生なのだそうです。


 そうでしょうね。

 まったく火山に興味がなかったわたしが、「へえ」「なるほど」と聞き入ってしまいましたから。


 若い人たちに学んでもらいたかったら、おもしろい授業をすることです。

 先生自身が、自分の専門分野がおもしろくてたまらないのだ、という気持ちがあれば、おのずと伝わります。


 わたしもそんな授業をこころがけています。

 こころやコミュニケーションは奥が深く、研究してもしても、謎がいっぱいで、わたしを魅了してくれます。


 その面白さを伝えたたい。

 ありがたいことに、学生たちもよろこんで学んでくれています。

 

 高みを目指す  


Posted by いなまつゆか at 18:53Comments(0)子育て・自分育て

2012年12月09日

責めなくてもいいよ

 うちに相談に来られる方は、自分を責めることが多いです。

 特に親御さんが子どものことで相談に来られるときは、あれがいけなかったんじゃないか、こうしたことが悪かったんじゃないかと悔い、ご自分を責めがちです。


 気持ちはよくわかりますが、責めてもいいことは何もないとお伝えしています。


 わざわざ我が子によくないことをする人は、そんなにいません。


 知らなかったから。

 自分が不安だったから。


 それぞれの、そうせざるを得ない事情があったのです。


 責めると、こころが切り刻まれてしまいます。


 ダンベルで鍛えたら、筋肉が鍛えられますが、ナイフで切り刻んでも、筋肉は痛むだけです。

 結局いいことなんて、ありません。


 責めなくていいから、行動をよりよいものに変えていきましょう。


 今知りうる限り、できる限りののベストを尽くす事が大切です。

 これは違うなと思ったら、修正をします。


 今日を変えることが、明るい未来につながるのです。



 

 いずれ、実を結ぶ


   


Posted by いなまつゆか at 18:16Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年12月08日

いじめは、みんなの問題だ

 兵庫県川辺郡猪名川町で仕事でした。

 


 猪名川町社会福祉協議会福祉委員会の研修です。

 テーマは、「大人と子どものコミュニケーション〜いじめをなくすために」でした。


 学校関係者でもなく、保護者でもない、地域の福祉委員さんたちが、このテーマで学んでくださることに、大いなる意義を感じます。

 今年は、今までになく、大人がいじめについて、真剣に考え、取り組んだのではないでしょうか。


 画期的なことです。


 昔は、高校ぐらいになったら、学校内で解決できる問題だろうと思っていましたが、甘かったように思います。


 ただ、高校生ぐらいになると、大人がうまく介入するのも難しいし、それ以前にインターネットの発達と携帯によって、発見自体が難しくなっています。


 だからこそ、携帯を持つ前に、しっかりと「いじめたいとは思わない」「自分も周りの人も大切にできる」子を育てたいと思うのです。

 親や先生だけでは、難しいことが山積しています。


 いじめの問題は、みんなの問題です。


 地域で真剣に取り組んでくださったとしたら、こんなにありがたい、希望に満ちたことはありません。


 大人みんなで、子どもたちに、「あなたは、そのままで、とっても大切な存在なんやで」ということを伝えていけたらと思うのです。



  


Posted by いなまつゆか at 18:18Comments(0)子育て・自分育て

2012年12月07日

ちがうやん!あいまいな記憶

 カツが簡単にできそうな、総菜の素を買って来て、作りました。

 トマト味のソースもついていたので、一緒に出しました。


 「これね、なんとか風のカツ。なんだっけ?ジェノベーゼ的なやつ」とわたし。

 「?ジェノベーゼはバジル味だから、緑だよ」と娘。

 「え?わかんない。なんか、そんなやつよ。ボロネーゼだったかな?なんたらーゼ的なやつ」


 その日は眠くて、確かめもせずに寝てしまったので、朝、袋を見てみたら、


 


 ミラノ風カツレツ・・・


 違うやん!!

 一人で突っ込み、笑いました。


 記憶なんて、いい加減なもんです。

 (特にわたしのは) 
  


Posted by いなまつゆか at 21:29Comments(0)

2012年12月06日

兵庫は広い

 兵庫県豊岡市社会福祉協議会さんの仕事でした。

 子育て支援のボランティアさん対象の講演です。

 「子育てに悩むお母さん、お父さんと、どう付き合うか」がテーマでした。


 兵庫県は広く、私の住む南部は冬場晴れるのですが、北部の豊岡市の方に行くと、曇り、雨や雪になりがちです。


 途中の市川サービスエリアでは晴れていました。

 


 次の道の駅がある朝来では、ここも但馬地方で、冬は曇りやすいのですが、晴れていました。

 


 その後だんだん曇って来て、会場についたら、雪が降っていました。

 

 初雪なのだそうです。


 兵庫を縦断すると、いろんな天気にめぐりあえて、おもしろかったです。

 実際に動くと、体験で広さを実感しました。

  


Posted by いなまつゆか at 21:04Comments(0)子育て・自分育て

2012年12月05日

専業主婦の就活

 NHKの「あさイチ」で、専業主婦だった人たちの就活「主婦活」が取り上げられていました。


 子どもができるまでOL、子どもができて仕事をやめて専業主婦、資格を取ってフリーランス。

 就業形態をいろいろ変えて来たので、どの立場もわかるような、逆に引っかかるようなわたしです。


 「あれもできない、これもできない」という専業主婦の声には、なんだか甘い気もするし、専業主婦はのんきだねといわれると、専業主婦にも苦労があって、大変なんだよとか、社会とのつながりが薄くてしんどいんだよと、言いたくなるし。


 子どもを育てながら仕事を続けるのが難しかったので、泣く泣くやめましたが、仕事を再開したときに、専業主婦している間に、やはり感覚が鈍くなったなとは感じました。


 少しずつ、リハビリが必要だったように思います。

 今も、マイペースで動ける仕事ではありますが、自己管理ができないと、仕事をしなくても怒ってくれる上司もいないし、仕事がないと収入はないし、厳しい仕事ではあります。

 さいわい、やさしく暖かい、講師仲間の先輩がいらして、いろいろお世話になったおかげで、何とか今も仕事を続けられています。


 番組を観ていると、成功している人は、やはり仕事に本気でぶつかっていっているように思いました。

 また、自分のことだけでなく、周りの人のことを考えられるのかということも大事なポイントです。


 結局は、やる気と思いやりなのかもしれません。


 

 家事も立派な仕事、自分でお金を稼ぐのもすてきな仕事。


   


Posted by いなまつゆか at 20:36Comments(0)子育て・自分育て

2012年12月04日

きいてもらいたかったんだ

 大学でした。

 

 今日も青空が・・


 きく練習をしてもらおうと思ったのですが、3人組に分かれるために、わたしが入った方がいいかなと思いました。


 じゃあ、何を話そうか・・・。


 そう考え出すと、急に話したいことが次々起こり、風景もよく見るようになりました。


 事故で、電車が途中で止まる予定になったり、乗り換えようとしたら、急に再開したり。

 バスに乗って、ふと車いすシート(車いすの方が乗って来られたら、移動する席)に座りながら、「乗る時に、他の人に移動してもらうのは、気を使うかもなあ、いい方法があればいいのにな」などと考えていたら、実際、車いすの方が乗って来られて、びっくりしたり。


 バスから観るいつもの風景も、曲がって行く登りの道の上に樹が紅葉して、輝いているのが美しいと感じられたり。

 話をしようとするだけで、風景まで変わるような気持ちになりました。


 たとえ3分でも、誰かに話をきいてもらえるというのは、うれしいもんなんだと思いました。

 ふだん、きくことが多く、自分のプライベートな話を、それほどしなくても、特に何も思わなかったのですが。



 わたしも、きいてもらいたかったんだな。


 発見です。

  


Posted by いなまつゆか at 19:05Comments(0)コミュニケーション

2012年12月03日

ルールを守ると仲良くできる

 兵庫県養父市社会福祉協議会さんで仕事でした。

 

 この時期、但馬地方には珍しく、晴天が広がりました。


 傾聴(お話し相手)ボランティア養成講座の2回目、最終回です。


 傾聴ボランティアの講座は、回数を重ねるせいか、コミュニケーションワークをたくさんやるせいか、受講生の皆さんがとても仲良くなります。

 終わっても、外で話をしたり、講座の目的の1つである、ボランティアグループを作ったりと、つながっていきます。


 コミュニケーションが苦手な人でも、一定のルールを守ると、仲良くなりやすいです。


 相手を否定しないで受け入れる。

 相手が話すときはきく、話したいことをきく。

 リアクションをよくする。

 立ち入ったことはきかない、などなど。


 ルールを守り、話す環境に置かれたら、込み入った話をしなくても、人は仲良くなれるのです。  


Posted by いなまつゆか at 20:35Comments(0)コミュニケーション

2012年12月02日

手帳にありがとう

 今まで、古い手帳と新しい手帳を併用していましたが、明日から完全に切り替わります。

 毎日毎日、何度も見て、ともに暮らして来た手帳とも今日でお別れです。


 この1年、よく支えてくれました。

 「本当にありがとう、愛してる」という気持ちとともに、過去の手帳たちのある棚に置きます。


 新しい手帳は、さらに理想に近づいたものを手に入れることができました。


 布のカバーをつけて、これから1年ほど、仲良くして行きたいと思います。


 よりよい仕事をしていくための、大切なスタッフです。


 

 新旧交代。

   


Posted by いなまつゆか at 19:25Comments(0)コミュニケーション

2012年12月01日

工夫する楽しさで元気になる

 京都府宇治市にある「京都<ゆうゆうの里>さんで仕事でした。

 

 有料老人ホームで、全国に7カ所ある施設の皆さんが京都に集まって、各地でなさっている研究の発表会での講演でした。


 仕事をこなすだけでも大変だと思いますのに、それぞれ、テーマを決めて、いろんな活動に取り組んでおられるのは、すごいなあと思いました。

 工夫したり、研究したりする方が、ただこなすより、ずっと楽しいし、エネルギーが湧いて来ます。


 無理をするのはよくありませんが、楽しようとばかりするのも、こころの元気が減って来て、やる気が出なくなります。

 
 節約すればいいかというと、そうとも限らないのが、こころの不思議で、おもしろいところです。


 

 宇治駅。左下にあるのは、おもしろい形のポストです。

  


Posted by いなまつゆか at 21:38Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ