2012年12月22日

近い関係ほど、配慮がいる

 兵庫県高砂市社会福祉協議会で仕事でした。

 小地域福祉活動リーダー交流会です。

 テーマは「地域で役立つ ほんわかコミュニケーション」でした。


 身近な地域で「ふれあいいきいきサロン」や「高齢者の集い」等のサロン活動をなさっている皆さんが対象でした。


 コミュニケーションは、身近になればなるほど、難しくなります。


 距離が近すぎて、荒がみえやすいこと。

 関係がこじれたときに、「もう会わなくていい」ではすまされないこと。

 仲良くなりすぎて、遠慮がなくなること。


 さまざまな理由があります。


 練習をして、コミュニケーション技術を身につけることで、よりスムーズな関係を持つことができます。


 ほどよい距離感を持つ。

 相手をそのままで、受け入れる。

 思いやり深く、相手の身になって動く。

 言葉を選ぶ。

 自分に正直である。


 そんなに~?と思われるかもしれませんが、慣れれば、ちょっとした手間をかける感じです。

 少しの手間が、ここちよい人間関係につながっていくのです。


 

 空が広かった
  


Posted by いなまつゆか at 19:19Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ