2012年10月11日

一度に完全に伝えようとしない

 昨日播磨町の仕事の時に、自己紹介を3分やってくださいというようなことをお伝えしました。

 わたしは、グループで3分のつもりでしたが、各一人3分と思った人もおられました。


 わたしの伝え方に不足があったわけですが、そういうことはよくあることなのです。

 わたしの中に、「当然グループでの時間だ」という思い込みが合ったから、違う可能性が感じられなかったのです。


 それでも、やり取りの中で食い違いがあれば、修正していくことができます。


 一度に完全に間違いなく伝えることは難しいけれど、やりとりを重ねて少しずつ伝えたいことに近寄っていくことは可能です。

 むしろ「わからない」とか、「こうだと思った、違うんだね」ということを遠慮して言わないでいると、お互いの思いは離れていくのです。


 

 やりとりを惜しまない。  


Posted by いなまつゆか at 19:50Comments(0)コミュニケーション

2012年10月10日

近くなりすぎない方が、うまくいく

 地元兵庫県加古郡播磨町で仕事でした。



 ご近所さんでの仕事は、特に「距離感を大切に」をこころがけています。


 まあいえば、そのへんに住んでいる人の話をきくわけで、ありがたみもないわけです。

 ニューヨーク在住なら、私個人は全く変わりなくとも、すごい気がしてくる。

 錯覚です。


 逆にいえば、同じところに住んでいるよしみで、親しさは感じやすいよさもあります。


 親しさは感じてもらいながら、「なあなあ」にならない方が、よりよき学びにつながります。


 講演に限らず、距離感は大切で、近い関係こそ難しいのです。


 少し他人行儀になる。

 お友達でも、あまり込み入ったところまで介入していかない。

 親しき仲にも礼儀あり。


 あっさりした関係の方が、あらが目立たず、楽しくやれるところがあります。

 これは、関わらないということではありません。

 しっかり関わるんだけど、のめりこまないということです。


 こころの距離感に正解はありません。

 奥が深い問題なのです。  


Posted by いなまつゆか at 19:31Comments(0)コミュニケーション

2012年10月09日

受賞に励まされる

 山中教授のノーベル賞受賞の会見を観ました。

 同じ大阪出身で、たぶん同じ学年か、もしくは1つ上。

 とても親近感がわきます。


 かなり不器用だったというエピソードにも、近しい気持ちです。


 いい加減なことをしていても、要領よく評価を得る人もたくさんいるこの世の中。


 律儀でまじめにやってしまう自分がばからしく思ってしまうこともありますが、

 地道にコツコツと、薄紙をはがすように研究をしてこられた方が、世界的に評価されることは、とても励まされます。


 それにしても、なんでこんな記者会見でも、おもしろくないといけないように思ってしまうんでしょうね。

 やっぱり、大阪の血かな。

 

 本日の明石海峡大橋。

 おめでとうに代えて、日の光を!

   


Posted by いなまつゆか at 20:37Comments(1)子育て・自分育て

2012年10月08日

やる気を出すには

 やらなきゃいけないと思えば思うほど、やる気はなくなっていくものです。

 まずは、「やろう」と自分に言ってあげること。

 「めんどうだ」と思わないこと。

 思うだけで、効率がどんと落ちるそうです。


 やる気はなくとも、行動に移すこと。

 勉強なら、本を開く、ペンを持つ、とりあえずなんらかのものを書く。

 行動すると、やる気が出てくるからです。


 一番難しいのは最初、きっかけです。

 勉強なら好きな科目から。

 仕事なら、手を付けやすい仕事から始めます。


 ベルやアラームなどをならすのもいいでしょう。

 「さあ、始め!」という感じです。


 休憩するときも、タイマーを使います。

 20分勉強し、アラームでやめ、次の科目をし、を繰り返して、1時間ほどしたら、5分休憩し、アラームで再開する。


 そうしているうちにリズムが出て来て、やる気も増して来ます。


 わからないことがわかったら、楽しくなります。

 わからない問題は、答えをすぐにみて、答えを覚えようとしながら、「わかるわかる、できるできる」と思いながらやると、やる気が出てくるのです。


 やったことを報告したり、シールをはったり、チェックをしたりすると励みになって、やり続ける意欲がわきます。

 わたしは、「Study Plus」というアプリを使って、英語を勉強した時間を報告しています。

 すると、「いいね!」と誰かが返してくれたり、やった時間を棒グラフで表示してくれたり、1週間でで何時間勉強したかを報告してくれます。


 待っていても「やる気」はやって来ません。

 むしろ、失っていくばかりです。


 やる気が出る仕掛けを作りましょう。


 

 問答無用。やるのみだ。

  


Posted by いなまつゆか at 19:44Comments(0)子育て・自分育て

2012年10月07日

人間の摩訶不思議

 夕方、買い物に出ました。

 レジをすませた後、近いところのビニール袋を他の方が取ろうとしておられたので、反対側のを取りにいきました。

 すると、その方が「すみません、そちらに行ってもらって。」と言ってくださいました。


 その後も、方向を変えたらよかったですねなどと、おっしゃって。

 やさしいなあと思いました。

 この方は、レジの時もわたしの前にいらしたのですが、とてもやさしく店員さんに接していました。


 見ず知らずの人にこんなにもやさしくできるかと思えば、身近で大切な人にひどいことをしたり、傷つけたりすることもある。


 人間って、なんて不思議な生き物なんでしょう。


 近い人にも、遠い人にも、やさしさと思いやりを少しだけ持って付き合ったなら、世界は平和になるでしょう。


 

 人間は複雑で、ややこしい。だからこそ、すてきなのだ。  


Posted by いなまつゆか at 19:40Comments(0)コミュニケーション

2012年10月06日

実験だ、練習だと思えばできる

 慎重派で、自分から行動していくのは、実に苦手です。

 そのままの自分でやっていくなら、ぽつんと誰かが声をかけてくれるのを待っているようなタイプです。


 それではいけないと思い、行動を起こさせるために、自分に言葉をかけるようにしています。

 
 「これは、実験だ、ためしにやってみたらどうなるかをみてみよう」

 「練習だ、練習だ」


 自分のことだ、本番だと思うと、腰がひけてやれそうもないことが、ためしにやる実験だ、たんなる練習だと思えば、気楽になってきます。


 好奇心が強いので、実験後の結果がみたくなり、ほろほろとやれることも多々あります。


 そうやって、動かして来た結果、割合お尻も軽くなってきました。

 最初の2行は、過去のものになりつつあります。

 
 行動の積み重ねが、素の自分を変えていきます。

 

 あんまり、本気になりすぎないことが大事。

 自分を人形だと思って、動かしてみる  


Posted by いなまつゆか at 19:44Comments(0)子育て・自分育て

2012年10月05日

色を取り戻そう〜感性を失うと灰色になる

 神戸で仕事でした。



 コープ活動サポートセンター兵庫さん、コープともしびボランティア振興財団さん共催の傾聴講座の2回目です。

 きく練習で、話し手さんに、「ここ2、3日に感じたこと、気持ち」について話してもらいました。


 簡単なようで、案外難しいのです。

 意識しないと、なんにも感じないままに、毎日をやりすごすことができるからです。


 今日の私の場合。

 ぎりぎりまで用事があって、一生懸命歩いて駅まで行ったのに、目の前で電車に行かれてしまって、残念だったこと。

 その時にあせって、もしかして手袋を落としたかもとドキドキしたこと。

 ところが、ちゃんとカバンに入れていて、ほっとしたこと。


 帰りに、大好きなコスモスが咲いているのを見つけて、うれしかったこと。

 だんだんコウベが垂れて来ている稲穂に秋を感じて、しみじみしたこと。


 探せば、いろんなことに出会い、感じるのに、意識しなければ、何も見つからず、何も感じません。

 感じなければ、感性はますます鈍くなり、こころは堅くなり・・・


 毎日が何も変わることなく、繰り返されることになります。


 感性は色合いです。

 感性を失うと、世界は灰色になってしまうのです。
 
 

 感じよ、色を取り戻すのだ。
  


Posted by いなまつゆか at 19:05Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年10月04日

フェルメールの絵に

 マウリッツハイス美術館展に行きました。

 フェルメールやレンブラントなど、オランダの画家の絵をたくさん観ました。

 目玉は、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。

 


 今にも飛び出して来そうな少女の絵は、澄んだ目が印象的ですてきでした。


 昔美術部で、油絵を描いていたので、あの濁った絵の具で、なんであんなに澄んだものや光が描けるのかが、不思議でしょうがないです。


 絵の向こうに「いのち」がありました。


  


Posted by いなまつゆか at 20:01Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年10月03日

扱われ方と価値は関係ない

 兵庫県三木市で仕事でした。

 こちらでは、とてもていねいに対応してくださいます。


 同じ人間なのに、ていねいに扱われたり、ぞんざいな扱いを受けたり、上にされたり、下にされたり。

 あまりにもいろんな扱いを受けたがために、扱われ方と自分の価値とを結びつけなくなりました。


 子どもたちは、付き合う人の数が少ないので、まわりの大人の扱いが自分の価値と結びつけて考えます。

 大事に扱われたら、大事なのだと思い、租末に扱われたら、どうでもいいと思ってしまいます。


 そんな扱われ方して、腹が立たないの?と思うことが多々ありますが、大切にていねいに付き合ってもらうことがなかったら、そうじゃない対応に腹を立てることはありません。それが普通なのです。


 こころある大人が、子どもたちに教えてあげなくてはなりません。

 ことばだけでは、難しい。

 態度で、まなざしで、行動で。


 他の誰かにならなくても、何か特別なものを持っていなくても、あなたはあなたのままで、価値あるものなんだよ、大切にされる権利があるんだよと、伝える必要があります。


 わたしは、上にされるのも、下にされるのも嫌。

 対等が好き。


 お互いに尊重しあう関係が一番楽しくて、うれしくて、元気になります。

 

 日の光は、誰にでも平等に注がれる。
  


Posted by いなまつゆか at 19:52Comments(0)子育て・自分育て

2012年10月02日

癒しとは

 茂木健一郎さんが、今日の連続ツィート733回で「癒されるために、挑戦しなければならない」で、

 「癒しとは、全体性の回復である」とつぶやいておられました。


 それがどういうことかは、茂木さんがおっしゃるとおり、人それぞれなのですが、やはりバランスに欠いた「わたし」というものの、バランスを取り戻していく作業なのだと思います。

 また、つながっていくことでもあるとも言われていましたが、本当にそうです。


 ネガティブな考えが渦巻いている昨今、わたしたちのこころ、からだ、あたまは、ダメージを常時受けているような状態です。

 そのままにしないで、つながり、解放し、全体を取り戻していくことが大切です。


 今日のわたしの場合は、夕方の散歩で、からだを動かし、空を眺め、風にふれ、虫の声にみみをすませ、思考を深めていきました。


 自然とつながり、こころが開かれ、わたし全体がいきいきとしてきて、「これが癒しなんだ」とつくづく実感しました。

 

 天高し。見上げるだけで、天とつながる気がする青空。

   


Posted by いなまつゆか at 19:29Comments(0)こころのケア・メンテナンス

2012年10月01日

イライラおじさんが多いわけ

 『「テンパらない」技術』(西多昌規、PHP)を読み出しました。

 テンパってしまって、駅員さんや店員さんにすぐに切れてしまうのが、最近は若者よりも中年の男性が多いと書かれていました。


 わたしも、そう感じるのです。

 すぐイラっとする、年配の男性が多くみられるのです。


 家族でそのことを話しました。

 「やっぱり、仕事で文句言われたりして、つらいことがたまっているけど、直接言えない立場にあるから、不満がたまっているのかな」

 「家族にきいてもらえないとしたら、しんどいよね」

 「弱音をはけないこともあるね。プライドのせいとか、そう言われて、育ったせいとかで」

 「家に帰って文句ばっかり言ったりして、嫌われてたりすることもあるね。お父さんが帰ってくるなり、解散して自分の部屋に逃げ込むっていう話もあるよね」


 がまんして、仕事して、日本経済を支えていて、嫌われている。

 なんだか、悲しいループだな〜。

 彼らだって、昔は目をキラキラさせた少年だったろうに。



 わたしも、すぐにイラッとして、大声を上げる男性は、あまり得意ではありません。


 だけど、愛を贈ることはできるかな。

 日本経済を支えてくれている一員であることにも、感謝できるかな。


 みんなが、楽しいなと思って仕事ができる社会を作っていくぞとこころに決めました。


 今キラキラと目を輝かせている子どもたちのために。

 今はつらい大人たちのために。

 

 灰色の世界に光を

 


   


Posted by いなまつゆか at 19:02Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ