2012年10月28日

こめられた意味を理解する

 東播磨カウンセリング研究会の講座「人間論・人間関係論」でした。


 人間は、いつも客観的にものごとをとらえているわけではありません。

 自分にとっての意味、独自の世界に生きています。


 子どもの頃に、いつもそばにいてくれたぬいぐるみが、その人にとっていのちの次に大切な存在なのかもしれないし、ただの古ぼけた物でしかないのかもしれない。

 もし大切な意味がこめられたのなら、黙って捨てられたり、「そんな汚いぬいぐるみ捨ててしまいなさい」と言われたりしたら、激怒するでしょう。

 
 ものをただのものとして見ずに、そこにその人が込めた意味を理解することが、相手を理解する上で、大切なポイントになるのです。

 

 どんな意味を与えるか。

   


Posted by いなまつゆか at 20:08Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ