2012年10月04日

フェルメールの絵に

 マウリッツハイス美術館展に行きました。

 フェルメールやレンブラントなど、オランダの画家の絵をたくさん観ました。

 目玉は、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。

 


 今にも飛び出して来そうな少女の絵は、澄んだ目が印象的ですてきでした。


 昔美術部で、油絵を描いていたので、あの濁った絵の具で、なんであんなに澄んだものや光が描けるのかが、不思議でしょうがないです。


 絵の向こうに「いのち」がありました。


  


Posted by いなまつゆか at 20:01Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
オーナーへメッセージ