2012年10月01日

イライラおじさんが多いわけ

 『「テンパらない」技術』(西多昌規、PHP)を読み出しました。

 テンパってしまって、駅員さんや店員さんにすぐに切れてしまうのが、最近は若者よりも中年の男性が多いと書かれていました。


 わたしも、そう感じるのです。

 すぐイラっとする、年配の男性が多くみられるのです。


 家族でそのことを話しました。

 「やっぱり、仕事で文句言われたりして、つらいことがたまっているけど、直接言えない立場にあるから、不満がたまっているのかな」

 「家族にきいてもらえないとしたら、しんどいよね」

 「弱音をはけないこともあるね。プライドのせいとか、そう言われて、育ったせいとかで」

 「家に帰って文句ばっかり言ったりして、嫌われてたりすることもあるね。お父さんが帰ってくるなり、解散して自分の部屋に逃げ込むっていう話もあるよね」


 がまんして、仕事して、日本経済を支えていて、嫌われている。

 なんだか、悲しいループだな〜。

 彼らだって、昔は目をキラキラさせた少年だったろうに。



 わたしも、すぐにイラッとして、大声を上げる男性は、あまり得意ではありません。


 だけど、愛を贈ることはできるかな。

 日本経済を支えてくれている一員であることにも、感謝できるかな。


 みんなが、楽しいなと思って仕事ができる社会を作っていくぞとこころに決めました。


 今キラキラと目を輝かせている子どもたちのために。

 今はつらい大人たちのために。

 

 灰色の世界に光を

 


   


Posted by いなまつゆか at 19:02Comments(0)コミュニケーション
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
オーナーへメッセージ