2012年09月03日

看取りをどうするか

 あさイチで、延命治療と胃ろうについて、取り上げられていました。

 家族として、意識がない、もしくは表明できない人とどう付き合って行くのか。

 難しい問題です。


 取り上げられていたご家族は、意識があった頃のご本人の意思を尊重し、意思の専門的な判断もあおぎながら、また、介護をする負担にも配慮し・・建設的に話し合いをしながら、精一杯の看取りをされていました。


 とてもすてきでした。

 お孫さんに抱かれつつ、死に向かって行く最期のひとときを切り取った写真は、愛に満ちていて、涙が出ました。


 お元気な時に、子どもさんやお孫さんを、たっぷりと愛されてこられたのだと思います。


 精一杯周囲を愛しながら生きることが、自分の死を愛に包まれて迎えられることにつながるのです。


 

 命を全うした死は、卒業だ。


   


Posted by いなまつゆか at 19:22Comments(0)
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ