2012年08月28日

仕事に誇りが持てないときに

 世の中にはいろんな仕事があって、さまざまな事情があります。


 「違うやろ」と思っても、やらないといけないことがあります。

 「これでいいのか」と判断しかね、ぶれながらやるので、胸を張れないこともあります。

  納得いかないまま、やっていくこともあります。

 小さな狭い職場の価値観に、不承不承従わなくてはならないこともあります。

 上司の判断がぶれたり、複数の上司が違うことを言って、現場が混乱することもあります。


 本当につらいし、やるせない。


 どうすればいいのか。


 まずは、それでも生きている自分に誇りを持ちましょう。

 誇りを持って、生きて行くのです。

 よしとできない、善良なこころを持っているのだから。


 勇気を持って意見を出す、そのかいがあるなら、言いましょう。

 その価値がないと判断したら、待ちましょう。


 今までのような古いやり方は長続きはしません。

 みんなだんだん賢くなり、欲がなくなってきています。

 賢く、欲がない人は、だませない。

 だましてもうける時代は終わりました。


 これからは、理想をかかげ、それに向かって、老いも若きも、忌憚ない意見を発し、実行して行く時代になるのです。

 世界に、しあわせを与えていく組織が成功していくのです。


 常識が覆され、新しい時代がやってきます。

 そのときに、流れにそって生きて行けるように、自分を育てて行きましょう。


 どうしたら、みんながしあわせになるか。

 どんな理想がいいか。

 そのために、自分は何ができるのか。

 聴かれたら、答えられるようになりましょう。


 

 胸を張り、上を向け。


   


Posted by いなまつゆか at 18:00Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ