2012年08月26日

感謝していただく効用

 何を食べるかは、大切なことです。

 アーユルヴェーダの世界でも、いろいろこれを食べた方がいいというようなことが言われているそうです。

 しかし、それ以上に大切なのは、感謝して、おいしく楽しくいただくことなのだとか。


 確かに、こじれた人間関係の中で食べる食事は、砂をかむようです。

 怒りながら食べるごちそうも、おいしくありません。

 一時期忙しい時に、コンビニおにぎりをかじりながら運転して、次の仕事場へ急ぐということが続いたとき、とてもつらくなりました。

 こころが、殺伐としてくるのです。

 それ以来、できるかぎり座って、落ち着いて食べられる環境をキープするように、こころがけています。


 日本では、「いただきます」「ごちそうさま」を言う文化があります。

 それは、すばらしいことなんだなあと改めて思いました。


 人は、物質だけでなく、こころのエネルギーを食べるのです。


 子どもたちにも、いただくいのちに感謝して、おいしく楽しく毎日の食事をとる習慣を伝えたいものです。



 霧島でいただいたパスタ。

 野菜がとてもおいしくて、やさしい味がしました。





 


   


Posted by いなまつゆか at 18:31Comments(0)こころのケア・メンテナンス
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ