2012年08月07日

スキルはたやすく、精神は伝えづらい〜オリンピックにみる

 スキルを伝えるのはたやすいけれど、精神を伝えるのは本当に難しい。

 オリンピックを観ていて、強く感じます。


 もはや「JUDO」であって、柔道ではない。

 勝つことが至上命題となって、「参加することに意義がある」わけではない。

 お客さんがつまらなくても、見苦しい状態でも、有利なら、勝てるなら手段を選ばない。


 作戦か、スポーツマンシップに反するのか。

 現場の人間にとっては、簡単に決められることではありません。

 それでも、考えるに値する重要な問題です。


 カウンセリングでも、同じです。

 聴くスキルは伝えられても、本質の精神はなかなか伝えられない。


 だしを捨てて、だしがらを大切にしているような人たちに、どう伝えればいいのか。


 だしの大切さがわかるものが、「違うよ」と言ってあげる。

 スピリットを忘れて勝ちに走る者をもてはやさない。

 美しく、ていねいな所作をみてもらい、地道に伝えていく。


 本当の柔道の世界大会を、武道館で開催しようという意見に賛同します。


 夏祭りのゆかたの着方をみていても、あきらかに失われつつある、「美」や「道」の精神を復興させたいものです。


 

 ほんまもんの着物美人になろう!


   


Posted by いなまつゆか at 20:19Comments(0)子育て・自分育て
QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ